リモート会議で急増中!「時間にルーズ」な部下の特徴と対処法 (※画像はイメージです/PIXTA)

リモート会議が行われるようになって以来、時間にルーズな部下についてのお悩みが増えてきました。時間を厳守するよう指導するのは当たり前のことですが、甘えを断ち切るには多少突き放すことも有効です。産業医の井上智介氏が著書『職場のめんどくさい人から自分を守る心理学』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

【関連記事】「仕事の悩みの8割は人間関係」は本当か?【産業医の解説】

「甘え」を断ち切るには突き放すことも

■こんな時どうしたらいい?  シーン別対処法

▶最低限のルールである時間さえ守らない!

リモート会議が行われるようになって以来、時間にルーズな部下についてのお悩みを耳にすることが増えました。

 

しかも、何か事情があって遅れるのではなく、9時開始のところを9時5分までに入ればOKだと勘違いしている若い世代の人が多いというのです。

 

上司より先に行って待っておこうという意識はさらさらなく、時間ギリギリならいい方で、5分くらいの遅れは遅刻だという意識はありません。

 

きちんと理由を説明せず、直前にLINEでひと言「少し遅れます」とメッセージを送ってくるだけ、ということもあるそうです。

 

1度や2度ならまだしも、毎回となるとさすがにイライラしてしまいますね。

 

こうした行動の根底にあるのは、甘えです。

 

この甘えを上司が容認してしまうと、「あの人がいいなら自分もいいだろう」とチーム全体の規律が乱れ、だらけた組織になってしまうこともあります。

 

そうならないために、遅刻した人には必ず釘を刺しておきましょう。

 

遅れそうな場合は前もって連絡を入れること、遅れて入った場合は必ず理由を報告するなど、ルールを明確にしておきましょう。

 

一緒にどこかに行く時の待ち合わせの場合は、10分までは待つけれど、それ以上は待たずに先に出発する、と限界を伝えておくのもいいですね。

 

厳しいようですが、こうした甘えは本人が痛い目にあわない限り、なかなか改められないものです。時間を厳守するよう指導するのは当たり前のことですが、甘えを断ち切るには多少突き放すことも有効です。

産業医 精神科医 健診医

島根大学医学部を卒業後、現在は産業医・精神科医・健診医の3つの役割を中心に活動している。産業医としては毎月30社以上を訪問し、精神科医としては外来でうつ病などの精神疾患の治療にあたっている。その一方で、多くの人に「おおざっぱに笑ってラフに生きてほしい」という思いを込めてブログやTwitter などでも積極的に情報発信を行っている。著書には『ストレス社会で「考えなくていいこと」リスト』(KADOKAWA)や『職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全』(大和出版)などがある。

著者紹介

連載「仕事の悩みは人間関係が8割」職場の心理学

※本連載は井上基介氏が著書『職場のめんどくさい人から自分を守る心理学』(日本能率協会マネジメントセンター)から一部を抜粋し、再編集したものです。

職場のめんどくさい人から自分を守る心理学

職場のめんどくさい人から自分を守る心理学

井上 智介

日本能率協会マネジメントセンター

「仕事の悩みは人間関係が8割」だといいます。 職場ではさまざまな人と関わる必要があり、仕事の関係上、自分が人間関係を選ぶことも難しい。自分に都合の悪いことは無視する上司、融通がきかない部下、承認欲求が強く、自己…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ