「職場のめんどうな上司」から自分の身を守る4つの方法【専門医が解説】 (※画像はイメージです/PIXTA)

職場のめんどうくさい上司は「自信がなさそうに見える人」を格好のターゲットにします。相手に苦手意識があったり、うまく付き合おうとするとぎこちない対応になりがちです。どうすべきなのでしょうか。産業医の井上智介氏が著書『職場のめんどくさい人から自分を守る心理学』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します

【関連記事】「仕事の悩みの8割は人間関係」は本当か?【産業医の解説】

格好のターゲットになる「自信のなさ」

■めんどくさい上司から自分を守るコツ―精神的に余裕がある印象を持たせる

 

めんどくさい人を前にした時、次のような対応をしていると、自信がなさそうに見え、格好のターゲットになってしまいます。

 

あてはまっているところがないか確認してみましょう。

 

●おどおどしている
●おびえている
●相手の機嫌をとる
●何も発言しない
●過度に謙遜する

 

相手に苦手意識を持っていたり、うまく付き合おうとすると、どうしてもこのような対応になりがちですが、それでは相手の攻撃を助長してしまいます。

 

すぐに改めるのは難しいかもしれませんが、相手のご機嫌をとるのをやめ、精神的に余裕があるように見せる努力をする必要があります。

 

そんなことを急に言われても……と思うかもしれませんが、ここで重要なのは「見せかける」こと。性格まで変える必要はありません。

 

次の4つを実践して、印象が変わるよう心掛けてみましょう。

 

①ゆっくり低い声で話す

『人は見た目が9割』という書籍がありますが、見た目の中に声も含まれていることをご存じでしょうか。

 

実は、人の印象の4割は声によって決まると言われているほど、声はあなたのイメージを左右しています。

 

たとえば、声が高い人は明るく、若々しい印象を与えますが、頼りがいや強さはあまり感じられないのではないでしょうか。

 

また、話すスピードが速いと、どうしても落ち着きがなく感じられますよね。一方、ゆっくり低い声で話すことは、落ち着いた印象を与えるだけでなく、工夫次第で人を寄せ付けない威厳を感じさせることも可能です。

 

突然性格を変えることはできませんが、声のトーンと話すスピードを意識することは、今日からでもできますね。

 

めんどくさい人に「近寄りがたいな」「簡単にはなびかなさそうな人だ」と印象
づける方法として、4つの中では最も実践しやすいものだと思います。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

産業医 精神科医 健診医

島根大学医学部を卒業後、現在は産業医・精神科医・健診医の3つの役割を中心に活動している。産業医としては毎月30社以上を訪問し、精神科医としては外来でうつ病などの精神疾患の治療にあたっている。その一方で、多くの人に「おおざっぱに笑ってラフに生きてほしい」という思いを込めてブログやTwitter などでも積極的に情報発信を行っている。著書には『ストレス社会で「考えなくていいこと」リスト』(KADOKAWA)や『職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全』(大和出版)などがある。

著者紹介

連載「仕事の悩みは人間関係が8割」職場の心理学

※本連載は井上基介氏が著書『職場のめんどくさい人から自分を守る心理学』(日本能率協会マネジメントセンター)から一部を抜粋し、再編集したものです。

職場のめんどくさい人から自分を守る心理学

職場のめんどくさい人から自分を守る心理学

井上 智介

日本能率協会マネジメントセンター

「仕事の悩みは人間関係が8割」だといいます。 職場ではさまざまな人と関わる必要があり、仕事の関係上、自分が人間関係を選ぶことも難しい。自分に都合の悪いことは無視する上司、融通がきかない部下、承認欲求が強く、自己…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ