1位は愛媛県…醜い「相続争い」を食い止める方法はあるのか?

遺産相続を期に家族崩壊……。そんな事例が後を絶ちません。遺す側としては「争族防止」は不可欠だといえるでしょう。そこで昨今、関心が高まっているのが「土地信託」です。みていきましょう。

【関連記事】争族になりやすい「土地の遺産分割」…ケース別の最適解を弁護士が解説

遺産が少なくても相続争いは起きる

\2/26(土)開催/
受託残高1千億円超、土地活用と資産継承の新しいかたち
何かと煩わしい不動産経営、丸ごと任せてオーナーも家族も安心…「土地信託」とは

 

泥沼の遺産争い。なんの関係もない人であれば、野次馬感覚で楽しめるものですが、当事者にしてみれば、たまったものではありません。もともと、疎遠で仲が良くなかった親戚同士が揉めるのなら分かりますが、遺産争いで厄介なのが、仲の良かった家族が、これを機に険悪になるのも珍しくないということでしょう。

 

そもそも、なぜ遺産争いで仲の良かった家族が険悪になるのでしょうか。それは単純明快、お金に絡むことだから。だからこそ、遺す側は遺される人たちのこともきちんと考えないといけないのです。

 

裁判所『令和2年司法統計』によると、遺産分割事件で焦点となった遺産が1,000万円以下というのが34.7%。遺産が多ければ多いほどトラブルになるわけではない、ということからも、お金が絡むと問題となることがわかるでしょう。

 

【遺産分割事件「遺産価額」の割合】

「1,000万円以下」34.7%

「5,000万円以下」42.9%

「1億円以下」11.3%

「5億円以下」6.4%

「5億円以上」0.6%

「算定不能・不詳」4.1%

 

出所:裁判所『令和2年司法統計』より作成

 

また審理期間で最も多いのが「6ヵ月~1年以内」。続く「1~2年以内」が26.7%。「3年以上」も3.0%と、ここまでいくと、まさに泥沼。裁判に発展するほどこじれると、解決には時間を要します。

 

さらに遺産分割事件を都道府県別(高裁管内総数より算出)にみていくと、最も遺産分割事件が多いのは「東京都」で1,334件。当然、人口の多い地域が上位を占めます。では人口比で見てみると、最も多いのが「愛媛県」で、人口10万に当たり15.50件。続く「高知県」は15.50件。「鳥取県」「徳島県」「青森県」と続きます。

 

一方で人口10万人当たりの遺産分割事件が少ないのが「山形県」で4.77件。「埼玉県」「神奈川県」「千葉県」「福井県」と続きます。1位「高知県」と47位「山形県」の3倍以上の差が生じています。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

連載資産防衛のための投資手法研究

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ