人口比較で見えてくる…世界の投資家が「フィリピン」に注目する納得の理由

投資家が海外に目を向ける場合、注目する指標として「人口」があります。そこから見えてくるのは、東南アジア、なかでも「フィリピン」の優位性です。一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクター、家村均氏が解説します。

ASEAN…世界で一番大きな経済グループ

\\10/1開催//
世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開
~狙われる富裕層…今からならまだ間に合う!2024年のXデーに備えよ!

 

東南アジアの人口を見ていく前に、まずは世界の人口を比較していきます。

 

この棒グラフは世界の主要な経済グループの人口を表しています。ASEANは東南アジア諸国連合です。EUはヨーロッパの経済連合、NAFTAは北米の経済グループ、そしてMERCOSURは南米の経済グループを指します。

 

ASEAN諸国合計で人口は6.67億人、EUが4.48億人、NAFTA(北米自由貿易協定)が4.96億人、MERCOSUR(メルコスール。ブラジル、アルゼンチンなど南米諸国が結んでいる経済連携協定)が3.09億人。ASEANは、世界で一番大きな経済グループです。

 

東南アジアのなかでの人口比率を見ていくと、インドネシアが全体の41%を占め、その人口は2.7億人になります。 二番目がフィリピンで、16,4%を占めており、その人口は1.1億人になります。以下、ベトナム、タイ、ミャンマー、マレーシア、カンボジアと続いていきますが、インドネシアとフィリピンの2ヵ国で、東南アジアの人口の約半分を占めるわけです。

フィリピンの人口ボーナスは世界でも最長クラス

\\10/1開催//
世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開
~狙われる富裕層…今からならまだ間に合う!2024年のXデーに備えよ!

 

 

次に人口構成についてみていきましょう。

 

人口に注目すると、生産年齢人口が多ければ多いいほど、経済成長には有利になります。ですから、どのような人口構成をしているかは、その国の経済が成長していくうえで重要になります。人口構成は経済成長の指標と捉えることができるわけです。

 

「人口ボーナス」という言葉を聞いたことのある人は多いでしょう。これは、生産年齢人口が増え続ける期間のことを表し、長ければ長いほど経済が長期的に成長していくということになります。東南アジアのなかではフィリピンが2062年まで人口ボーナスが続き、以下、ミャンマーが2053年、マレーシアが2050年、インドネシアが2044年、ベトナムが2041年、タイが2031年、シンガボールが2028年。フィリピンが人口ボーナスでは最長、ということになります。

 

世界的に見ても、インドとフィリピンは長期で人口ボーナスが続くことで有名です。

 

 

【10月4日(火)開催セミナー】
今までになかった「インドアゴルフ×投資」事業投資のご提案
~出店実績96店舗、累計会員数5万人超、創業10年。インドアゴルフのリーディングカンパニー「ステップゴルフ」~

あなたにオススメのセミナー

    一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

    慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
    その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

    著者紹介

    連載資産防衛のための投資手法研究

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ