海外投資家が熱視線を送る「マレーシア不動産」…政府統計にみる最新の価格推移

高い経済成長性から、世界の投資家から注目されているマレーシア。コロナ禍という特殊な状況のなかで、どのような状況なのか、みていきましょう。

【関連記事】「国際競争力」ランキング…東南アジア2位「マレーシア」投資対象としての可能性

コロナ禍の「マレーシア不動産価格」の推移

 

マレーシアの統計局の資料から、住宅価格の推移をみていきましょう。マレーシアの住宅価格は、2012年から2013年にかけて大きく上昇し、2017年ごろまで緩やかに値上がりを続け、以降はほぼ横ばいの状況です(図表1)。

 

出所:マレーシア統計局
[図表1]マレーシア不動産(住宅)の価格推移 出所:マレーシア統計局

 

2021年と2021年で住宅価格の中央値を比較すると、おおよそ89.9%の上昇。2021年第2四半期の住宅価格の中央値は、RM295,000、日本円にして806万5,300円です(2月22日現在、1リンギット=27.34円で計算)。

 

地域別にみていくと、最も高いのは首都クアラルンプールで、中央値はRM480,000、日本円にして1,312万円。マレーシアの行政新首都として開発中の都市、プトラジャヤが続き、RM462,500、日本円にして1,264万円。首都、クアラルンプールを取り囲むセランゴールが3位でRM400,000、日本円で1,093万円です。

 

【マレーシア地域別住宅価格】

クアラルンプール:RM480,000(1,312万円)

プトラジャヤ:RM462,500(1,264万円)

セランゴール:RM400,000(1,093万円)

ジョホール:RM340,000(929万円)

サラワク:RM340,000(929万円)

サバ:RM320,000(874万円)

ペナン:RM315,000(861万円)

ラブアン:RM300,000(820万円)

 

出所:マレーシア統計局

※2021年第2四半期住宅価格の中央値

 

タイプ別にみていきましょう。2010年と2021年を比較すると、すべてのタイプで200%前後の上昇を記録。前年同期比でみると、テラスタイプのみ0.9%上昇でしたが、コロナ禍の影響もあったのでしょう、ほかのタイプはすべて値下りしています(図表2)。

 

海外投資家の間でも人気の高層コンドミニアムは、前年同期比マイナス2.7%下落。価格の中央値はRM331,506、日本円にして906万円でした。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

連載資産防衛のための投資手法研究

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ