(※写真はイメージです/PIXTA)

マンション購入者が必ず直面する「大規模修繕」。月々積立金を徴収されている以上、「誰が何をするのか?」を把握しておくことは重要です。グランドネクスト株式会社代表・小島優一氏が事例をもとに解説していきます。

管理会社?ゼネコン?意外と驚く「デメリット」の数々

◆管理会社に依頼するメリットとデメリット

まず、大規模修繕の依頼先として挙げられるのが、マンションの管理を委託している管理会社です。日頃からマンション全体の保守点検や修繕などを行っているため、現在のマンションの状態を細かく把握している点が、管理会社に依頼するメリットだといえます。

 

一方で、マンション管理会社は工事自体を直接行っていないことが多いため、工事の施工管理や責任能力に欠ける点がデメリットです。また、管理会社を通して工事を依頼することにより、余分に費用がかかる場合もあります。

 

◆建設会社(ゼネコン)に依頼するメリットとデメリット

マンションを建てた建設会社に大規模修繕工事を依頼する場合もあります。マンションを建てた実績があるため、その際の図面や建物、設備などの詳しい情報を持っている点がメリットです。また、実際に工事をする下請けの専門業者とのつながりもあります。

 

しかし、マンションの建築会社すべてに大規模修繕工事のノウハウがあるわけではない点、お気をつけください。建設会社によっては、大規模修繕工事を得意としていない場合もあるため、事前の確認が必要になります。

 

◆大規模修繕の専門会社に依頼するメリットとデメリット

マンションの大規模修繕工事を専門にしている会社もあります。このような業者に依頼するメリットとしては、大規模修繕が専門のため、実績が豊富で技術力が高い点が挙げられるでしょう。

 

しかし、マンションが多く建っている都市部で事業を展開していることが多いため、対応しているエリアが限られていたり、地方の物件は対応不可であったりする点がデメリットです。施工業者を選定する前に、対応エリアを確認しておくとよいでしょう。

次ページ余分な費用負担を防ぐ「大規模修繕」2つのポイント

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ