アマゾンとウォルマートが競う物流コスト削減と顧客の囲い込み (※写真はイメージです/PIXTA)

アマゾンは客がその商品を必要と意識さえしないうちに発送。ウォルマートは、顧客の暮らしや住居にもっと深く入り込む計画だという。小売業界の2大企業が狙う定期配送と自動補充装置で生まれるメリットは何か。※本連載は、ダグ・スティーブンス氏の著書『小売の未来 新しい時代を生き残る10の「リテールタイプと消費者の問いかけ」』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【関連記事】なぜパンデミックは米小売最大手ウォルマートを覚醒させたのか

高級ブランドが配信したファッションショー

■意外な盲点があった

 

パンデミックが深刻化していた2020年9月、高級ブランドのバーバリーは、参加者4万人のユニークなファッションショーを開催した。マスクも手指の消毒液もソーシャルディスタンスも不要だった。どのように開催したのか。

 

実は「ツイッチ」を利用したのだ。現在、アマゾンが所有するソーシャルゲーム(SNS上で提供されるオンラインゲーム)のプラットフォームであり、ゲームをスポーツ競技として扱うeスポーツの一大拠点でもある。

 

実はバーバリーは、2010年に高級ブランドとして初めてバーチャルファッションショーを配信している。またツイッチでファッションショーを配信した最初のブランドでもある。バーバリーは、ツイッチ独自の「グループ配信」(画面を分割して最大4人のゲームの様子を同時配信する機能)を応用して、世界の観客に向けて複数の視点からライブショーを配信してみせたのである。

 

これには意表を突かれたが、もっと驚くのは、ゲームプラットフォームがEC事業に有効なチャネルだとはこれほど長い間、どのブランドも気づかなかったことである。

 

2017年にアマゾンはゲームプラットフォームをECチャネルとして利用するテストに乗り出した。ゲームプラットフォームでビデオゲームを購入可能にし、アマゾンプライムのような特典をツイッチユーザーに提供したのである。

 

現在、同プラットフォームは、月間ユニークユーザー数(同一ユーザーの重複訪問を除いた訪問者数)約1億4000万人を誇り、アクセス元の国は200以上の国・地域に及ぶ。全体としては、ビデオゲームプレイヤーは、世界で30億人ほどいると見られ、2019年第2四半期だけでも同プラットフォームのライブ配信コンテンツを実に27億2000万人が視聴している。

 

現在、ゲームプラットフォームで売買されるものは、大半がゲームで使われるパワーアップアイテムや武器、キャラクター用のアクセサリーなど、バーチャルなアイテムだ。

 

だが、これが現実の商品に広がるのは、時間の問題だろう。要するにゲームには、世界に非常に熱心な視聴者がいて、プラットフォームには交流や社会的な人間関係があり、圧倒的なコンピュータ処理能力も備えていて、ユーザーは高速回線で接続している。さらに、ツイッチでは、何かあるたびにユーザー間でコメントを書き込める機能があり、クチコミがあっという間に広がりやすい。見事に条件が揃っているのだ。

 

スクーティなどの企業がめざしているのは、こうした未来だ。マッシブ(ゲーム内広告プラットフォーム企業で、2006年にマイクロソフト傘下に)の創業者で、長らくマーケティングに携わってきたニコラス・ロンガーノのアイデアで誕生したスクーティは、ゲームメーカーがオンラインショップをゲームに組み込む機能を提供している。

 

「Gコマース(ゲーミングコマース)」ともいうべき新たな収益源になる。ゲームプレイヤーは、自分の興味・関心分野を説明するショッパープロフィールを作成するよう促される。すると、自分の条件に合った商品が提示される仕組みだ。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】22年1/21(金)開催
不動産経営の法人化による税金対策と事例紹介
賃貸マンション経営オーナのための
緊急「税金対策」セミナー 詳しくはこちら>>>

小売コンサルタント

世界的に知られる小売コンサルタント。リテール・プロフェット社の創業社長。人口動態、テクノロジー、経済、消費者動向、メディアなどにおけるメガトレンドを踏まえた未来予測は、ウォルマート、グーグル、セールスフォース、ジョンソン&ジョンソン、ホームデポ、ディズニー、BMW、インテルなどのグローバルブランドに影響を与えている。著書に『小売再生 リアル店舗はメディアになる』(プレジデント社)など。

著者紹介

連載アフターコロナの小売業界の大激変と新潮流

小売の未来 新しい時代を生き残る10の「リテールタイプと消費者の問いかけ」

小売の未来 新しい時代を生き残る10の「リテールタイプと消費者の問いかけ」

ダグ・スティーブンス

プレジデント社

アフターコロナに生き残る店舗経営とは? 「アフターコロナ時代はますますアマゾンやアリババなどのメガ小売の独壇場となっていくだろう」 「その中で小売業者が生き残る方法は、消費者からの『10の問いかけ』に基づく『10の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!