「とりあえずビールでも飲みましょう」的な自分を反省したワケ (※画像はイメージです/PIXTA)

現代は多くの問題が複雑にからみあっていて、まさにカオスです。我々はどう生きたらいいのか? この根源的な問いを人間はずっと問い続けてきました。本質的なことを深く、学ばなくして年老いていくのはもったいないというが…。※本連載は松尾一也著『40代から深く生きる人、浅く生きる人』(海竜社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【関連記事】日本酒のプロが《幕末ビール》を復刻させてみたら大変だった話

ゲームや連続ドラマよりもハマることがある

▼浅く生きる人=真理に触れずに歳を重ねてしまう

 

現代は多くの問題が複雑にからみあってまさにカオスです。

 

世界の人口増問題。環境破壊、食糧問題、テロ、パンデミック……。

 

もう小さな観点からだけだと理解不能です。 こんなときこそ「この世の中をまるごと学んでみたい」と思いませんか? もともと、人類はよりよく生きたいと渇望して哲学と宗教が生まれてきました。

 

一概に語れるものではありませんが私は「枢軸時代」というものを知るだけで40代の知識、見識、胆識は深くなると思います。 枢軸時代とは、1949年にドイツの哲学者であり精神科医であるカール・ヤスパースが唱えた時代認識です。

 

紀元前500年頃に世界史的、文明史的に一大エポックが起こったのです。

 

まさに現代の根幹をなす思想の枢軸という意味です。

 

中国で孔子、インドでブッダ、ギリシャでソクラテスなどがほぼ同時期に生き、それぞれが人の生き方を煩悶(はんもん)しながら考え尽くして、それが今なお我々のなかに生きいているということはスゴイことです!(正確にはゾロアスター教、中国の諸子百家、ユダヤ教なども含まれています)

 

世界はどうしてできたのか?

 

我々はどう生きたらいいのか?

 

この根源的な問いを人間はずっと問い続けているのです。

 

せっかくの人生、本質的なことを深く、学ばなくして年老いていくのはもったいない話です。またその価値がわかりだすのも40代からなのです。

 

この学問はゲームや連続ドラマよりも深くハマりますし、人間として一皮むけること請け合いです。

「とりあえずビールでも飲みましょう」的な自分を反省

▼浅く生きる人=集中力に欠けた日々を送る

 

イマヌエル・カント(1724~1804年)はプロイセン王国(現在のドイツ)のケーニヒスベルクという街に生まれ、ケーニヒスベルク大学で批判哲学などを提唱した近代哲学の祖です。「カント以前の哲学はすべてカントに流れ込み、カント以降の哲学はカントから流れ出る」と言われるほどです。

 

彼の生き方は、早朝の起床、哲学の研究、大学の出勤、午後のお決まりコースの散歩、そして夕食と毎日判で押したような几帳面なスケジュールでした。

 

そして生涯、その街からほとんど出なかったということです。ある意味、面積的には狭いエリアだけで79年の生涯を終えたのですが、カントが追求した哲学はその後の西洋文明に大きな影響を与えました。

 

ケーニヒスベルクの街から世界中に拡がったのです。

 

まさに狭い街だけど、深く生きると広い世界になるという典型ですね。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】11/4(土)開催決定
利回り20%以上が当たり前の「真の投資力」を学べる
普通の空き家投資じゃない、スゴイ空き家投資だ!

「ダイヤモンド空き家投資」特別セミナー 詳しくはこちら>>>

株式会社ルネッサンス・アイズ 

1961年東京都生まれ。大学時代より安岡正篤、中村天風のセミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間教育」に目覚める。富士通を経て、株式会社ルネッサンス・アイズを設立。

26歳で起業以来、「人間学の探求」をライフワークに、日本をリードする人物の講演会などを数多くプロデュース、現在では800名を超える講師陣ネットワークを築く。

また、自身も本物の人物から薫陶を受けた英知をわかりやすく伝え、人間力・リーダーシップ・モチベーション・コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスしたテーマで日本各地を講演している。次世代リーダー育成スクール「Nexting」を展開中。

著書に、『出逢い力─あなたに逢えてよかったと言われる人生』(明日香出版社)、『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成─大差を微差に縮め、微差を大差に広げる技法』(きずな出版)がある。

著者紹介

連載激動の「40代」を深く、愉快に生きるコツ

40代から深く生きる人、浅く生きるひと

40代から深く生きる人、浅く生きるひと

松尾 一也

海竜社

気がつけば最近、たのしいと感じる瞬間がなくなっている。モチベーションがあがらない、人間関係に疲れている。就寝する頃には自分が完全に電池切れ、燃料切れになっている……。 最近の自分、ヤバくないっ!? それを特に…

50代から実る人、枯れる人

50代から実る人、枯れる人

松尾 一也

海竜社

50代というのは、仕事においても家庭においてもこれまでと違うことが噴出します。 責任ある大きな仕事を仕切る/子供の教育の総仕上げ/親の介護、看病、見送り…といったライフイベントが迫るかと思えば、一方では、別会社…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!