マンションの修繕積立金が足りない!どう対処すればいいのか (※写真はイメージです/PIXTA)

マンションの大規模修繕工事に必要な修繕積立金の不足は、本来あってはならないことですが、現実には多く起きている。ある調査によると実に3割弱のマンションで積立金不足であるという。それはなぜなのか、そして足りないことが判明したとき、どのような対策が考えられるのか。※本連載は、松本洋氏の著書『マンションの老いるショック!』(日本橋出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

修繕積立金で工事費ができるのは全体の7割

■修繕積立金が足りない

 

平成30年度のマンション総合調査によりますと、工事費の調達を修繕積立金だけで行った割合が72.3%という数字が公表されています。

 

工事費の調達を修繕積立金だけで実施できたのは7割で残り3割は、組合員から、一時金を徴収した、あるいは住宅金融支援機構などを通じて金融機関から資金を借り入れたことになります。

 

なぜ、3割のマンションで修繕積立金が不足しているのでしょうか。

 

平成23年4月に国土交通省から公表された「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」によれば、一般に、マンションの分譲段階では、分譲事業者が、長期修繕計画と修繕積立金の額をマンション購入者に提示していますが、マンション購入者は、修繕積立金等に関して必ずしも十分な知識を有しているとは限らず、修繕積立金の当初月額が著しく低く設定される等の例も見られます。

 

その結果、必要な修繕積立金が十分に積み立てられず、修繕工事費が不足するといった問題が生じているとの指摘もあります。

 

新築でマンションを購入した方はご存じだと思いますが、マンションを購入する際に、電車の中刷り広告や新聞広告、ネット等でマンションの情報を得ます。

 

その時に分譲会社のパンフレットに記載されている修繕立金の額がとても低い金額に設定されていることがあります。

 

専門家から見ると、「このような金額では絶対、将来満足な大規模修繕工事ができない。」と思われる額で著しく低く設定されています。

 

何故、修繕積立金を安く設定するのか? その理由としては、マンションを購入すると、住宅ローンの返済、管理費、修繕積立金など毎月支払うことになります。

 

そのランニングコストが少しでも安い方がデベロッパーから見れば、マンションを売り安く、買い手から見れば買いやすいので、販売のテクニックとして著しく低い金額にしているのです。

 

そのような低い金額では満足な大規模修繕工事が実施できない事がマンションを購入してから、管理組合が設立されて理事会で色々調査していくと段々にわかってくるのです。その結果、マンション購入者からは、購入して2年も経っていないのに修繕積立金が2倍になった、3倍になったと大きな不満が起こりました。

 

松本マンション管理士事務所 代表
東京都マンション管理士会城東支部 事務局長
 マンション管理士

1954年、東京都目黒区生まれ。

不動産会社、商社系マンション管理会社に勤務。

2005年、マンション管理士事務所を開業。

管理業務主任者、宅地建物取引士、測量士補などの資格を所持。著書に『買ったときより高く売れるマンション』(アーク出版)などがある。

著者紹介

連載データから学ぶ「マンション管理組合」運営

マンションの老いるショック!データから学ぶ管理組合運営

マンションの老いるショック!データから学ぶ管理組合運営

松本 洋

日本橋出版

分譲マンションは現在、「区分所有者の老い」「建物設備の老い」という二つの老いの問題を抱えています。 本書では、国土交通省から公表されているデータや、筆者のマンション管理士としての経験から得た知識を基に「マンシ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧