「マンションの一室で茶道教室を開きたい」…管理規約違反か? (※写真はイメージです/PIXTA)

マンションは「共有部分」と「専有部分」に分けられます。「住宅としての使用」が求められる専有部分ですが、茶道教室、ピアノ教室といった居住以外の利用は認められるのでしょうか? ※本連載は、松本洋氏の著書『マンションの老いるショック!』(日本橋出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

【関連記事】マンションに「暴力団が使用する」一室…「追い出せなかった」まさかの裁判例【弁護士が解説】

マンションの専有部分「住宅として使用」のはずが…

■専有部分の用法

 

居住者の高齢化・賃貸率の増加やニーズより専有部分の使用方法は多様化しています。

 

専有部の使用方法は区分所有法第1条で『一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、事務所又は倉庫その他建物としての用途に供することができるものがあるときは、その各部分は、この法律の定めるところにより、それぞれ所有権の目的とすることができる。』と定義されています。

 

法第6条1項(区分所有者の権利義務等)に於いて、「区分所有者は、建物の保存に有害な行為その他建物の管理又は使用に関し、区分所有者の共同の利益に反する行為をしてはならない」としています。

 

また、法第30条1項(規約事項)に於いて、「建物又はその敷地若しくは付属施設の管理又は使用に関する区分所有者相互間の事項は、この法律に定めるもののほか、規約で定めることができる」としています。

 

マンション標準管理規約(以下、標準管理規約という)には、その専有部分の用途について、第12条で「その専有部分を専ら住宅として使用するものとし、他の用途に供してはならない」と規定しています。

 

また、飲食店舗やショップ、事務所などが入っているいわゆる複合型のマンションでは、一般的には、住居部分と事務所・店舗部分に区分して用途について規定しています。

 

区分所有者は、民法第206条の『所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をする権利を有する。』に基づいて使用することが原則としています。

松本マンション管理士事務所 代表
東京都マンション管理士会城東支部 事務局長
 マンション管理士

1954年、東京都目黒区生まれ。

不動産会社、商社系マンション管理会社に勤務。

2005年、マンション管理士事務所を開業。

管理業務主任者、宅地建物取引士、測量士補などの資格を所持。著書に『買ったときより高く売れるマンション』(アーク出版)などがある。

著者紹介

連載データから学ぶ「マンション管理組合」運営

マンションの老いるショック!データから学ぶ管理組合運営

マンションの老いるショック!データから学ぶ管理組合運営

松本 洋

日本橋出版

分譲マンションは現在、「区分所有者の老い」「建物設備の老い」という二つの老いの問題を抱えています。 本書では、国土交通省から公表されているデータや、筆者のマンション管理士としての経験から得た知識を基に「マンシ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ