子どもの「ゲームに熱中、勉強が習慣化しない」を改善する方法 (※画像はイメージです/PIXTA)

お子さんがゲームばかりしたがる、勉強の習慣がなかなかつかない…と悩む親御さんは多いでしょう。しかし、ゲームと勉強をルールを決めて両立させる、座って集中するのが当たり前な生活環境を整えることで、改善を図る方法もあります。※本連載は、幼児教室ひまわり塾長、熊野貴文氏の著書『子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと』(啓文社書房)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

ゲームは「勉強2時間で1時間OK」などルールを決めて

お子さんが大きくなって、小学生くらいになってくると、ゲームの問題に必ず行き当たることになります。ゲームばかりやっている。これも親御さんの望まないことにお子さんが熱中してしまうひとつの例でしょう。

 

「勉強しないでゲームばかりして!」と全部取り上げると反発してしまう可能性もあります。そもそも100%ゲームが悪い影響を与える、というものでもありません。

 

最近あるお医者さんからお話を聞いたのですが、いまの若い研修医は、医療の現場に導入されるようになった遠隔操作が非常に得意だそうです。ゲームをしているせいで、ブレが少なく、手の感覚もとてもよく、のみ込みが早い。

 

ゲームがよいか悪いかは、親御さんの価値基準だけでは、判断できません。親御さんが望んでいないことでも、それが将来どのようにつながり、役立つかわからない部分があります。そういうことも見越したうえで、完全にシャットアウトするのではなく、与えてあげることも必要であると思います。

 

全面的に許して際限なくゲームをやらせてあげるのではなく、時間を決めます。

 

勉強をここまでやったら1時間ゲームをしていい、といった形で、お子さんの好きなことを勉強とセットにします。

 

勉強を2時間したら、ゲームを1時間やってもいいといったルールを作ったとしましょう。勉強時間の半分の時間だけゲームができるわけですから、ゲームの時間の倍、勉強しなくてはなりません。つまり、2時間ゲームがやりたかったら4時間勉強することになります。

 

このように、お子さんが前向きになれるような、約束を守っていける方向に持っていくと、勉強とゲームの両立も可能だと思います。

 

\\10/16(土)開催//
入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

幼児教室ひまわり 塾長 

1978年兵庫県神戸市生まれ。灘中学、灘高等学校卒、大阪大学医学部医学科現役合格、同校卒。平成15年医師国家試験合格。

2歳の頃から数々の幼児教育を受け、小学3年生から進学塾へ通う。この頃から「医者」という目標が明確になる。1997年、大阪大学医学部に現役で合格。医学部時代、教育に深い興味を抱き、家庭教師センターの統括マネージャーとして累計1100人以上の教育指導に携わる。2003年、大阪大学医学部卒業後、医師として、大阪大学付属病院(阪大病院)や市中病院など数々の病院で勤務医として医療に携わる。

その後、「自分が両親から授けていただいた本当の教育方法」を世に広めることを使命と感じ、現在「幼児教室ひまわり」の運営を行っている。

著者紹介

連載子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

幼児教室ひまわり:熊野 貴文

啓文社書房

「医者になりたいという夢がかなった!」 「東大に首席合格!」 「算数オリンピックで金メダル!」 最強の実績を持つ講師陣が教える、我が子の能力を最大限に引き出す教育法を紹介。 今できる最大限のことを子どもにし…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧