子どもが挫折しそうなとき…親が気をつけるべきポイント3つ (※画像はイメージです/PIXTA)

成長途上のお子さんは、ときに挫折しそうになることもあるでしょう。自信を失ったわが子に、親御さんはどう接すればいいのでしょうか。医師であり、現在は保護者向けの幼児教室を経営している著者が解説します。※本連載は、幼児教室ひまわり塾長、熊野貴文氏の著書『子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと』(啓文社書房)より一部を抜粋・再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

まず「共感」し、過去の「達成感」を思い出させる

塾の成績が思うように上がらない。模擬試験の結果がD判定になってしまったときなど、お子さんが「無理なんじゃないか」「勉強に向いていないんじゃないか」と思うこともあるでしょう。

 

そのときに親御さんが「もうあきらめなさい!」などと言えば、お子さんは実に簡単に挫折してしまいます。もちろんそんな言葉は言ってはいけません。これは基本です。

 

そのうえで、お子さんを挫折させないためには、まず「共感する」ことが大切です。

 

例えば親御さんは、模擬試験の結果がD判定であっても、そこまでがんばってきたお子さんの姿を知っています。ですから「今回は残念だったけど、すごくがんばっていたよね。お母さん、わかってるよ」とまず認めて共感します。

 

これは身近にいる親御さんにしかできないことです。そのうえで「じゃあ、一緒にがんばろうよ!」と伝える。ここまでが立ち直らせるために必要な共感の部分です。

 

そしてここから先、もう一度勉強に向かわせるために必要なのが「達成感」です。

 

子どもは達成感を感じないと勉強する気が起こりません。ですからよかったときの記憶を呼び起こしてあげることが必要です。

 

例えば「前はこうしたらよくなったよね」といった言葉で、成功体験を思い出させてあげます。そのうえで、「今度はこうしたらいいと思うよ」とよかったときの記憶を今後の勉強につなげてあげます。そうすることによって「あ、そうか。僕は(私は)あのときがんばったんだな!今回はがんばりが足りなかったからちょっと悪かったんだな」と考えるようになります。

 

がんばっていた姿を認めてあげて、「あなたは毎日がんばっていたよ」ということを言葉できちんと伝える。そのうえで、「こうしたらいいんじゃない?」「お母さんもがんばるよ。一緒にやっていこうよ!」と提案する。

 

そうすることでお子さんは、「お母さんは、わかってくれてるんだな」という安心感を持つことができます。それは親御さんへの信頼感にもつながり、親御さんの言葉に対して素直に反応するようになります。

 

そうなれば、「こうしようよ!」という言葉にも「うん、やる!」と素直に応えてくれるようにもなります。

 

ただ、お子さんに「共感してあげる」際には、ちょっとした注意も必要です。

 

例えばお子さんの努力している姿に対して「わかるわかる、私も大変だった」と、自分のやってきたことと比較して共感の気持ちを伝えるようなことは、しないでください。

 

お子さんが「お母さんよりもっと高いレベルのところを目指しているんだから」と、かえって反発を招くこともあるからです。自分の過去の思い出を比較の対象にしてしまうと、お子さんが冷めてしまうようなことにもなるかもしれません。

 

私自身も小学6年生の受験生時代、挫折しかかった時期がありました。

 

がんばってもなかなか成績が伸びず、模擬試験でもよい判定が出ない。ちょっと甘えた気持ちもあったのだと思います。「もういいや」という感じで投げやりになってるとき、母親は、過去の成功体験を呼び戻すような言葉をかけてくれました。

 

「4年生のとき1位をとれたでしょ」「公文をやっているとき、成績優秀者の集いのトロフィーもらったでしょ!」といった具合です。

 

あるいは「スイミングでどうしても級が上がらなかったときに、こういうことをしたでしょ。だからできたでしょ」といった内容もあったと思います。とにかく勉強に限らず、自分の力で物事を達成できたことを思い出させてくれました。そうすることで、もう一度自信を取り戻すことができたわけです。

 

ただ過去に成功体験を持っていない子どもの場合、この方法がとれません。

 

つまり、親御さんが意識しなければならないのは、お子さんに成功体験をたくさん積ませておくことです。

 

一方で、挫折以前に、悪い点をとっても気にならないお子さんもいます。「あ、こんな点とっちゃった!」と悪い点をとっても何も感じないのです。

 

そういうときは、「ま、落ち込むよりはいいか」と放っておくのではなく、どこが悪かったのか、自分でしっかり見つめて考えさせることも必要です。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

幼児教室ひまわり 塾長 

1978年兵庫県神戸市生まれ。灘中学、灘高等学校卒、大阪大学医学部医学科現役合格、同校卒。平成15年医師国家試験合格。

2歳の頃から数々の幼児教育を受け、小学3年生から進学塾へ通う。この頃から「医者」という目標が明確になる。1997年、大阪大学医学部に現役で合格。医学部時代、教育に深い興味を抱き、家庭教師センターの統括マネージャーとして累計1100人以上の教育指導に携わる。2003年、大阪大学医学部卒業後、医師として、大阪大学付属病院(阪大病院)や市中病院など数々の病院で勤務医として医療に携わる。

その後、「自分が両親から授けていただいた本当の教育方法」を世に広めることを使命と感じ、現在「幼児教室ひまわり」の運営を行っている。

著者紹介

連載子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

幼児教室ひまわり:熊野 貴文

啓文社書房

「医者になりたいという夢がかなった!」 「東大に首席合格!」 「算数オリンピックで金メダル!」 最強の実績を持つ講師陣が教える、我が子の能力を最大限に引き出す教育法を紹介。 今できる最大限のことを子どもにし…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧