勉強量が増える3歳〜6歳…親の声がけ「できるよ!」は絶対NG (※画像はイメージです/PIXTA)

勉強や習い事が増えてきたお子さんは、ときにつらそうな様子を見せることがあります。しかし、励ますつもりのひとことが、お子さんを追い込むこともあるので要注意です。自身も医師であり、保護者向けの幼児教室を経営している著者が解説します。※本連載は、幼児教室ひまわり塾長、熊野貴文氏の著書『子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと』(啓文社書房)より一部を抜粋・再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

モチベーションを保っていけるような声がけをする

勉強の量や習い事の数が多くなってくると、精神的にも体力的にも、お子さんがつらくなってくることがあります。そんなとき、親御さんはどのような声がけをすればいいでしょうか。

 

特に3歳から6歳くらいのあいだでは、習い事が徐々に増えてきて、勉強の量も多くなってきます。そういうときに親は、どうケアしていくのが正しいのでしょうか。

 

まずやってはいけないのが、「もっとがんばろう!」「〇〇ちゃんだったらできるよ!」といった言葉をかけることです。

 

こうした言葉は精神的、体力的につらさを感じて、ときに伸び悩んでいるようなお子さんをかえって追い詰めてしまいます。

 

そこでぜひ意識してほしいのは、お子さんがモチベーションを保っていけるような声がけをすることです。

 

勉強の量が多くなってつらそうな様子が見えたら、

 

「大丈夫」

「ゆっくりでいいから」

「少し休んでみたら?」

 

といった言葉です。

 

そして一度に全部やらせてしまおうと思わずに、量が多いなら小分けして、少しずつ進めていったらどうかといったアドバイスも有効でしょう。

 

目の前にたくさんの量があるとお子さんが感じてしまうと、それだけで圧倒され、心が折れてしまうということもあります。小分けにするのは、集中力の問題だけでなく、分量に圧倒されないようにするためでもあります。

 

例えば今日は10のことをやらなければいけない。でもその量にお子さんが圧倒されている。そんなときは、例えばまず3割だけやって、リフレッシュしてまた3割やる。その後、残りの4割をしないといけないけど、もう疲れ切ってしまってどうしても4割ができない。だったら2割だけを今日やって、2割は明日、お母さんとがんばってやる。そんな考え方で、がんばれる日にやってもかまわないと思います。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

幼児教室ひまわり 塾長 

1978年兵庫県神戸市生まれ。灘中学、灘高等学校卒、大阪大学医学部医学科現役合格、同校卒。平成15年医師国家試験合格。

2歳の頃から数々の幼児教育を受け、小学3年生から進学塾へ通う。この頃から「医者」という目標が明確になる。1997年、大阪大学医学部に現役で合格。医学部時代、教育に深い興味を抱き、家庭教師センターの統括マネージャーとして累計1100人以上の教育指導に携わる。2003年、大阪大学医学部卒業後、医師として、大阪大学付属病院(阪大病院)や市中病院など数々の病院で勤務医として医療に携わる。

その後、「自分が両親から授けていただいた本当の教育方法」を世に広めることを使命と感じ、現在「幼児教室ひまわり」の運営を行っている。

著者紹介

連載子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

幼児教室ひまわり:熊野 貴文

啓文社書房

「医者になりたいという夢がかなった!」 「東大に首席合格!」 「算数オリンピックで金メダル!」 最強の実績を持つ講師陣が教える、我が子の能力を最大限に引き出す教育法を紹介。 今できる最大限のことを子どもにし…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧