子どもの「やりたいこと」と、親の「学ばせたいこと」が違う…どうすればいい? (※画像はイメージです/PIXTA)

親御さんは、お子さんの可能性や選択肢を少しでも増やしてあげたいと願っています。しかし一方で、お子さんは親御さんが学んでほしいと思うことに関心を示さないなど、双方の思いはなかなか一致しません。どんな対応をすればいいのでしょうか?※本連載は、幼児教室ひまわり塾長、熊野貴文氏の著書『子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと』(啓文社書房)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

勉強とは、「知識の使い方」を学ぶこと

なぜ勉強しなければならないのか?

 

親御さんにすれば、「子どもが将来どんな職業に就くにせよ、それを極めていくためには知識がないとなにもできない。だから勉強が必要なんだ」という思いもあると思います。

 

ただ筆者も若いころ、学校の勉強に対して疑問を持ったことがありました。中学、高校時代です。筆者は当時から、はっきりと医者になりたいと思っていました。そう思っていた筆者は、理科の化学式や物理の法則、数学の微分積分なんて必要ないと感じていました。なぜ自分は医学部に行くのに、こんな勉強をしないといけないのかと。医者になってもいらない知識じゃないかと。そんなふうに感じていました。

 

将来の仕事に関係のない知識ですから、疑問を感じても不思議ではないでしょう。

 

しかし現在は違う考えに至っています。筆者は勉強することの意味を、次のように考えています。

 

勉強は「知識の使い方」を学ぶこと。だから意味がある。

 

生きていく、成長していくためには知識だけでは不十分で、その知識をどういうふうに使っていくのかが大切です。勉強とは、まさにこの部分を学ばせてくれるものだと思っています。

 

知識を得る。そして、その知識を使ってテストで得点をとる。

 

これを総合的に、つまり自分の将来に一見関係ないと思われる分野においてもやっていくことによって、初めて社会でも自分の能力を生かしていけるようになります。

 

問題を解くということは知識を身につけるだけでなく、知識を使うということです。

 

公式を覚えただけでは、問題は解けません。公式を使ってどうやって問題を解いていくのかが大切なのです。

 

将来、社会のなかで生きていくためにはなにを学んできたかも大切ですが、むしろその知識の使い方が重要になってきます。

 

その知識の使い方を学ぶために勉強するのです。

知識のないところに「思考」は生まれない

先ほども少し触れましたが、学ぶ、勉強するということの意味にはもうひとつ大切なことがあります。それは知識があってこそ自分の頭で考えていくことができるという点です。基本的な知識がないと思考にはつながりません。

 

基本的な知識があってはじめて、それを土台にして思考すること、自分の頭で考えることができるようになります。

 

いくらよい大学を出たからといって、希望の職業に就けるとは限りませんし、会社に入れば将来も安定するとは限りません。社会では「考えて行動する」ということがとても大切になってきます。

 

今後、日本は格差社会がさらに進んでいき、貧富の差も広がっていきます。そうなったとき、基本的な知識はもちろんですが、それを土台にして考える力、つまり「思考力」がないと生きていけません。その思考力をつけるためにも勉強は外せないツールのひとつです。思考力のほとんどは勉強によって身につくからです。

 

勉強をし、知識を得て、思考力を身につけ、自分で考えられるようになる。

 

さらに勉強する習慣を身につけることで、成功体験が積み重なり自信を持つ。

 

これは将来強く生きていくためにも、欠かすことができないものです。

 

勉強は、お子さんが社会で活躍していくための予行練習としての意味も大きいのです。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

幼児教室ひまわり 塾長 

1978年兵庫県神戸市生まれ。灘中学、灘高等学校卒、大阪大学医学部医学科現役合格、同校卒。平成15年医師国家試験合格。

2歳の頃から数々の幼児教育を受け、小学3年生から進学塾へ通う。この頃から「医者」という目標が明確になる。1997年、大阪大学医学部に現役で合格。医学部時代、教育に深い興味を抱き、家庭教師センターの統括マネージャーとして累計1100人以上の教育指導に携わる。2003年、大阪大学医学部卒業後、医師として、大阪大学付属病院(阪大病院)や市中病院など数々の病院で勤務医として医療に携わる。

その後、「自分が両親から授けていただいた本当の教育方法」を世に広めることを使命と感じ、現在「幼児教室ひまわり」の運営を行っている。

著者紹介

連載子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと

幼児教室ひまわり:熊野 貴文

啓文社書房

「医者になりたいという夢がかなった!」 「東大に首席合格!」 「算数オリンピックで金メダル!」 最強の実績を持つ講師陣が教える、我が子の能力を最大限に引き出す教育法を紹介。 今できる最大限のことを子どもにし…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!