元PwCの人事コンサルタントが解説!大人気漫画でわかる「社会人のキャラづくり」

人事・戦略コンサルタントの松本利明氏は、書籍『「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方』(KADOKAWA)のなかで、社会人がキャリアップをするには、自分の「持ち味」を明確化し、キャラをつくりあげることが大切であると説いています。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「そういうキャラだから」で納得してしまうスゴい効果

人気漫画『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)の主人公・ルフィは、「海賊王に俺はなる!」と言いながら、敵と戦っては、たびたび城・牢獄などに捕まってしまいます。そして仲間が必ず助けにやってくる。そう、同じパターンの繰り返しです。

 

なぜルフィは同じようなことばかり繰り返すのでしょうか。それは、彼の「ルフィというキャラ」が変わらないからです。

 

ルフィの仲間、サンジにしても、自分が殺されそうになっている場面でも、プリンちゃんが可愛い表情をすると目がハートになり、鼻血を流すのと一緒です。「命が危ないのに、女の子を前に目をハートにさせるなんて」と訝(いぶか)しがっても詮(せん)無きことです。「キャラ」は変わらないのです。そう割り切りましょう。

 

ルフィはサンジにはなれないし、サンジはルフィにはなれないのです。キャラなので変わり様がありません。逆に、「キャラだからしょうがない」と考えれば、相手の特異な言動も諦めがつきます。

 

ルフィは「ゴムゴムの実」を食べたことで、ゴム人間となり、しなやかで伸縮性を持つようになった肉体から繰り出す技を使います。しかし、他のキャラの武器や技は使いこなせません。

 

われわれも同じです。人にはそれぞれ持っている武器や得意技があります。しかし、他のキャラの武器や技は上手く使えません。

 

今のご時世、テクノロジーでビジネスが一瞬で変化する時代です。自分の資質にないものを時間をかけて苦労しながら、ゆっくり鍛えていく余裕は本来ありません。できるようになる前に時代が変わってしまうからです。

 

中高年は特に危険です。年代的に個性を伸ばすよりも、替えがきく歯車のように平均的に誰でも同じようにできるようになる指導や教育を受けてきているからです。

「こんなに頑張ったんだから」と思いがちだが…

それがなぜ危険かというと、苦労して時間をかけてちょっとだけ成長したものには愛着が湧(わ)いてしまうのです。時間もかかり苦労もしたので逆に捨てられなくなるのです。実はその人の資質(動機・性格・価値観)にあっていることは、本人が特に意識しなくてもスイスイできてしまうので自覚していないことも多く、余計に誤解してしまいます。

 

資質とは
資質とは

 

ここでキーになるのは資質の「使い方」です。いくら向いているからと全てを同じように鍛えよう、使えるように鍛えようとすると時間がかかります。

 

そこで提案です。これからの時代は、『北斗の拳』(原作・武論尊、作画・原哲夫/集英社)ではなく、『ONE PIECE』でいきましょう。

「たくさんの技」ではなく「自分だけの武器」を持つ

『北斗の拳』は北斗、南斗などのコアな流れに加え、たくさんの流派があります。

 

その上で、たくさんの技があり、習得にも時間がかかります。一生のうちで使うかわからない技、使わない秘奥義まで習得するとなると教える方も手間と時間がかかり、一子相伝(いっしそうでん)になります。しかし、一生の間で使うかわからない技、使わない秘奥義まで習得することは、これからの時代は無駄でしかありません。

 

その点、『ONE PIECE』は近代的です。悪魔の実を食べた者は特殊な能力が身に付きます。

 

「ゴムゴムの実」を食べると体がゴムになります。主人公のルフィは、戦いの試練を乗り越えながらゴム人間という資質をバージョンアップさせていき、今では「ギア」で身体・戦闘能力を大きく上昇させることができるようになりました。インペルダウン(作品内で登場する監獄)で毒から再起したことにより、毒物に対する強い抗体もできました。

 

さらに、新世界編からは2年間の修行で新たに習得した「覇気(はき)」を使い、相手の動きを読んだり、技の威力を強化したりすることもできるようになるなど、持ち味に磨きをかけています。

 

「メロメロの実」のように相手を魅了し、石にする等、他の実の力を使うことはできません。悪魔の実は一人1個しか食べることができないからです。ゆえに、スパッと割り切りができます。他人の実の力をうらやましがってもしょうがないのです。

 

自分が食べた実の力をどう活用し、強くなるかだけを考えるしかないからです。変化が激しい時代こそ、そのたびに新しい技や武器を覚えていたらきりがありません。

 

資質になければ習得する前に時代が変わってしまい、かけた時間や工数が無駄になります。資質を知り、キャラをハッキリさせることでそれが可能になります。

 

たまたま、あなたと似たキャラがいても大丈夫です。同じ業界や仕事をしていれば、同じような資質をもった人材が集まるからです。その時はコンボを覚えましょう。格闘技ゲームでは、小さな技をたくさん連打した結果、相手に大ダメージを与えるものをコンボといいます。

 

メインのキャラが一緒でも他の資質全てが被ることはありません。資質の可視化、コンボの組み方を学んでいきましょう。

 

ポイント 資質でキャラをハッキリさせ、自分の悪魔の実の力に気づこう

 

 

松本 俊明

人事・戦略コンサルタント
HRストラテジー代表
 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

人事・戦略コンサルタント
HRストラテジー代表

PwC、マーサー・ジャパン、アクセンチュアなどといった大手外資系コンサルティングファームのプリンシパル(部長級)を経て現職。事業開発や人材開発の課題に対し、現場に入り込み、クライアントと一緒に汗をかきながら成果を出すスタイルのコンサルティングに24年以上従事している。

外資系・日系大手企業から中堅企業まで600社以上の働き方と人材マネジメントの改革に従事し、5万人以上のリストラと6500名以上の次世代リーダーの選定と育成を通した「人材の目利き」が持ち味である。

最近は企業向けのコンサルティングに加え、「誰もが、自分らしく、活躍できる世の中」に近づけるため、自分の持ち味を活かしたキャリアの組み立て方を学生、ワーママ、若手からベテランのビジネスパーソンに教え、個別のアドバイスを5000名以上、ライフワークとして提供し、好評を得ている。

世界で最大規模の人事が集う協会(SHRM)の日本支部(JSHRM)の元執行役員でHR総研客員研究員。英国BBC、ロイター通信、TBS、日本経済新聞、AERAなどメディア実績・講演実績が多数あり、著書に『稼げる人稼げない人の習慣』(日経新聞出版社)、『「いつでも転職できる」を武器にする』(KADOKAWA)、『「ラクして速い」が一番すごい』(ダイヤモンド社)などがある。

著者紹介

連載超具体的!「いつでも転職できる」人になる方法

「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方

「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方

松本 利明

KADOKAWA

市場価値に左右されない、「自分の価値」の組み立て方を解説した話題書! 著者は、PwC、マーサー、アクセンチュアといった世界的な外資系コンサルティング会社で5万人以上のリストラを手伝い、その一方で、6500人を超えるリ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧