「営業向いてない」で終わる人と「営業を得意にする人」の差【元PwCの人事コンサルタントが解説】

「営業向いてない」で終わる人と「営業を得意にする人」の差【元PwCの人事コンサルタントが解説】

人事・戦略コンサルタントの松本利明氏は、書籍『「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方』(KADOKAWA)のなかで、社会人がキャリアップをするには、自分の「資質」を高めていくのではなく、「逆張りする」ことが大切であると説いています。

成功するために自分のキャリアを逆張りするワケ

自分の資質にあった業界や仕事を選ぶと、実は周りはライバルだらけです。陸上競技でも短距離が速い人は短距離の、長距離が得意な人は長距離のレースを選ぶからです。

 

王道で勝つのはキングだけ。資質やスキルが卓越し、経験豊富で周りから慕われ、評価が高い人。誰でもなれるわけではありませんし、目指す必要もありません。

 

なぜなら、ビジネスは陸上のレースより、もっと優しいからです。全ての人が量産型のロボットのように同じスペックではなく、資質は誰もが複数持ち合わせ、キャラが成立させています。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

自分のキャラを活かし、自分がチャンピオンになれる土俵に乗れば手のひらでコロコロと転がすように全てがうまく回りだします。逆張りするのが一番簡単です。逆張りには2パターンあります。

 

1.相手に対し、他の人とは違う、自分独自の「ありがとう」を引き出す

 

2.みんなが不得意な「ありがとう」を拾う

 

になります。例をあげて解説しましょう。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページ自分の素質を活用して、ライバルがいない土俵へ

あなたにオススメのセミナー

    「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方

    「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方

    松本 利明

    KADOKAWA

    市場価値に左右されない、「自分の価値」の組み立て方を解説した話題書! 著者は、PwC、マーサー、アクセンチュアといった世界的な外資系コンサルティング会社で5万人以上のリストラを手伝い、その一方で、6500人を超えるリ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ