8時に家を出るよ、と伝えたのに…子どもが時間を守れないワケ

朝、急いでいるのに、子どもが支度をしてくれない…そんな風に感じたことはありませんか?今回は、株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が「子どもの時間感覚」について解説します。

なぜ、今「児童発達支援事業」が求められているのか…
>>>>>>>>記事を読む<<<<<<<<

着替えてと伝えたはずなのに、なんとパジャマのまま…

朝の支度時間は、親子ともに1日のなかで一番バタバタするものです。

 

「あと5分で着替えて」

 

「8時には出るからね」

 

と子どもに言ったものの、5分後に見に行ったら、なんとまだパジャマのまま……。 子どもが「時計は読めるのに、なぜ急げないの?」と不思議に思ったことはありませんでしょうか。

 

急いでいるのに…(画像はイメージです/PIXTA)
急いでいるのに…(画像はイメージです/PIXTA)

 

1分が60秒で、1時間は60分、1日は24時間、ということを知っているはずなのに、なぜ子どもは時間通りに動いてくれないのでしょうか。カリフォルニア大学の実験結果から、その理由について考えていきます。

 

◆実験結果から見えてくる子どもの時間感覚

 

実験では、3~6歳の子に、次のような質問をしました。

 

①Aさんは1分間ジャンプをし続けました

 

②Bさんは1時間ジャンプをし続けました

 

では、どちらがたくさんジャンプをしましたか?

 

その他にも、「秒」「日」「月」「年」という時間の単位を用いて、同様の例題を作り、子どもたちに比較をさせました。その結果見えてきたのは、4歳くらいまでには、ほぼ正確に時間の単位を把握しているということです。

 

しかし、質問のレベルを一段階上げると、その知識が揺らぎました。

 

◆5歳ごろまでは時間の単位の感覚が乏しい

 

①Aさんは3分間ジャンプをし続けました

 

②Bさんは2時間ジャンプをし続けました

 

では、どちらがたくさんジャンプをしましたか?

 

大人であれば、分数や時間数が増減したところで、その判断に迷うことはありません。

 

しかし、子どもたちにとって、この質問は非常にトリッキーな問題で、5歳の子でさえ、数の多いAさんのほうを選ぶ傾向が強かったのだそうです。

 

1分よりも1時間のほうが長いことは知っていても、2より3のほうが大きいという知識が、前に出てきてしまったというわけです。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

「発達障害」という個性 AI時代に輝く──突出した才能をもつ子どもたち

「発達障害」という個性 AI時代に輝く──突出した才能をもつ子どもたち

大坪 信之

幻冬舎メディアコンサルティング

近年増加している「発達障害」の子どもたち。 2007年から2017年の10年の間に、7.87倍にまで増加しています。 メディアによって身近な言葉になりつつも、まだ深く理解を得られたとは言い難く、彼らを取り巻く環境も改善した…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧