どうやって老人ホームを選んだらいいのか? それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営する著者は断言します。そこで著者は、数々の入居者のエピソードを通して、ホームでの暮らしの悲喜こもごもを紹介。現在、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営する著者が、実は知らない老人ホームの真実を明らかにします。本連載は小嶋勝利著『老人ホーム リアルな暮らし』(祥伝社新書)の抜粋原稿です。

介護職員の離職防止は賃上げというウソ

私は前々から、介護保険事業は失業者に対する雇用政策の中で発展してきた業界であると言ってきていますが、まさに、資格さえ取得すれば、どのような人であっても、仕事にありつけ、一定の所得を得ることができるという仕組みになっているのです。ちなみに、昨今の現状では、資格さえあれば、ほぼ無条件で仕事に就くことができるはずです。

 

さらに、ホームの運営には、行政が定めたルールがあるので、事業者による「とっぴなアイデア」は原則すべて不適切とされ、どの事業者も同じような運営方法にならざるをえません。つまり、同業他社との差別化が難しく、どうしても差別化をするのであれば、自身の収益を犠牲にして、介護職員を他のホームよりも多く配置するか、看護師など付加価値の高い職員を手厚く配置するか。または建物を絢爛豪華にするとか、駅前立地にするなど不動産建設の視点で考える以外に方法はありません。

 

要は、サービス業だと言いながら、実態は自由な競争をし、創意工夫で解決できるような事業環境下にはないということなのです。

 

実は、これが、結果として職員が介護業界から逃げ出していく根本的な理由になります。サービス業だと言われるので、工夫してサービスの内容を考えても、「そのサービスはルール違反ですよ」と言われてしまう業界です。私もそうですが、介護業界に身を置いた者の多くが感じていることは、「余計なことはしないで、言われたことだけを忠実にやっていればそれでよい」という圧力です。

 

多くの有識者が、介護職員の賃金を上げないと職員の離職は止まらない、と主張しています。たしかに、賃金を上げることは、何もしないよりは効果はあると思います。しかし、今の実情の中で、賃金を上げるということは、事業者の収益が悪化するだけなので、得策とは言えません。

 

それより、配置基準を撤廃したり、資格で運営を縛ることをやめて、ホームの淘汰を市場に委ねれば、知恵のある事業者が、収益を上げながら職員に対し高い賃金を支払えるスキームを生み出せる可能性が出てくると思います。つまり、公的保険制度ではない介護事業を行なうことで、介護職員は介護事業に戻ってくると私は考えています。

 

低所得者には、セーフティーネットとしての介護保険制度を

 

つまり、低所得者向けには、公的な介護保険制度を維持しながら、必要な支援を提供する従来の仕組みを堅持し、一定以上の所得や資産がある人には、自由診療ならぬ、自由な介護サービスを自費にて提供する介護事業者を育成していくことが、職員不足を解消するための最善の方法だと、私は考えています。

 

そして、今の介護業界は数年でこのようになると考えています。低所得者に対しては、措置として、必要最低限のことを低価格で提供していく。老後の安心と当時に、介護職員に対する過度な期待をしないことを申し合わせる。そのことで、多くの収入は見込めないが、気軽に仕事ができることで仕事に戻ってきてもらうことを目指します。逆に、高所得者向けには、全額、利用者の自費で行なうことにより、多くの売上や収益が見込める代わりに、能力の高い職員が求められるため、仕事は大変だけど収入も多いという働き方になります。そうすれば意識の高い職員や向上心の高い職員が仕事に戻ってくると考えています。

 

小嶋 勝利
株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    誰も書かなかった老人ホーム

    誰も書かなかった老人ホーム

    小嶋 勝利

    祥伝社新書

    老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

    老人ホーム リアルな暮らし

    老人ホーム リアルな暮らし

    小嶋 勝利

    祥伝社新書

    今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

    もはや老人はいらない!

    もはや老人はいらない!

    小嶋 勝利

    ビジネス社

    コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ