老人ホームで働く介護職員って、全員「負け組」の現実に唖然

どうやって老人ホームを選んだらいいのか? それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営する著者は断言します。そこで著者は、数々の入居者のエピソードを通して、ホームでの暮らしの悲喜こもごもを紹介。現在、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営する著者が、実は知らない老人ホームの真実を明らかにします。本連載は小嶋勝利著『老人ホーム リアルな暮らし』(祥伝社新書)の抜粋原稿です。

【オンライン開催(LIVE配信)】12/5(土)開催
「医師サバイバル」緊急セミナー開催!【医師限定】
勤務医のための「キャリア戦略&資産形成戦略」を考える
詳しくはこちら>>>

「措置」から「サービス」へ高齢者福祉は進化した

本当に、介護職員はいないのか

 

「介護人材が集まらない」「介護職員がすぐに辞めてしまう」……、こと人材にまつわるネガティブな話は、介護業界には溢れています。そのくせ、行政を含めた業界団体は、効果的な手を打とうとはしません。すべてを企業に押しつけ、企業努力だけで解決させようとしています。有識者と言われている多くの人たちから発せられる発言の多くは、「賃金が安いから良い人材が集まらない」ということですが、私はこの考えには、まったく同意することができません。私は、介護業界の人にまつわるネガティブな話─つまり、人材が集まらない、集まった人材がすぐ辞めてしまう、ということを解決するための最優先課題として、そろそろ「利用者や入居者の教育」が必要なのでは? と考えています。

 

2000年に介護保険制度が始まり、それまでの「措置」から「サービス」へ高齢者福祉は進化しました。しかし、利用者や入居者、介護職員などのすべての関係者にとって、この進化は有益な進化だったのでしょうか。

 

介護職員の質が低下しているという話は本当か。(※写真はイメージです/PIXTA)
介護職員の質が低下しているという話は本当か。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

私は大いに疑問を持っています。勘違いしないでください。私は、介護保険制度自体はひじょうに良い制度だと思っています。1割、2割の自己負担で一定の介護保険サービスを受けることができるわけですから、要介護状態になった場合は心強いと思います。問題はその運用方法について、誰も現実に即した言及をしていないことではないでしょうか?

 

措置からサービスになり、利用者や入居者を「お客様」「利用者様」と「様」付けで呼ばなければならなくなりました。さらに、サービス契約に基づきサービスを提供しなければならないということが独り歩きし、措置時代の「施し」や「好意」という情緒的なものから、契約に基づく約束に変わり、その約束を果たすために介護職員に対し、不平等な労務契約を強いられているのだと思っています。なお、私の言う不平等な労務契約とは、会社と介護職員ではなく、お客と介護職員との間にある、見えない労務契約のことを言うのです。

 

以前、訪問介護で問題になったことがありました。訪問介護員に利用者の居室だけではなく、自分たちや子供たちの居室まで掃除させている事実や、利用者の食事だけではなく自分たちの食事の支度や買い物までを頼む事実が発覚したことがあります。

現在は、掃除や食事などの生活支援と呼ばれるサービスは、極力介護保険制度から外れていく方法で調整が続いています。

 

介護職員の真実から目を離してはいけない

 

介護業界でよく言われるのは、介護職員の質が低下しているという話です。以前は老人ホームでは、50点の介護職員を80点にする研修が流行っていたのですが、今では、20点の介護職員を40点にする研修になっているなどと言われています。私自身の経験を振り返って考えても、そう言われればそんな気もします。そうでない気もします。つまり、職員の劣化について、以前と比べて本当に進んでいるのか、実はよくわからないというのが実情です。

株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

(株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

著者紹介

連載実は知らない老人ホームの真実

誰も書かなかった老人ホーム

誰も書かなかった老人ホーム

小嶋 勝利

祥伝社新書

老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

老人ホーム リアルな暮らし

老人ホーム リアルな暮らし

小嶋 勝利

祥伝社新書

今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

もはや老人はいらない!

もはや老人はいらない!

小嶋 勝利

ビジネス社

コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧