「どうせ私なんて…」自尊心の低下をもたらす、学習障害の弊害

絶えず動いて落ち着きがない、話すときに視線が合わない…。一見すると、発達障害があるのか、それとも性格や気質の問題なのかわからない子どもが、全国の幼稚園や保育園で増加しています。今回は、読み書き算数のいずれかに限局された障害である「学習障害」の特徴や問題点について解説します。※本記事は盛岡大学短期大学部幼児教育科教授である嶋野重行氏の著書『もしかして発達障害?「気になる子ども」との向き合い方』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

読み書き算数に限局された障害「学習障害(LD)」

学習障害(LD:Learning Disorder)は、読み書き算数のいずれかに限局された障害です。これは学習を進めるうえで必要とされる3つの基本的な能力の障害です。

 

歴史をたどると、LDは1963年にアメリカの教育学者、S・カークが、それまで微細脳障害(MBD)、神経学的障害、知覚障害、読み障害などと呼ばれていた子どもに対して統一した名称です。これを契機に具体的な教育対応も急速に進み、1975年アメリカの全障害児教育法(PL94‐142)で障害カテゴリーの一つとして公的に認知されました。

 

LDといった場合は、「読字障害」「書字表出障害」「算数障害」などの学習の偏りの障害です。原因の多くは不明ですが、有病率は5〜7%とされています。LDは比較的軽度、部分的な障害とみられがちなので、その症状に対する正しい理解と対応が遅れると、情緒・行動面での二次的障害をおこしやすいのです。

 

文字の読み書きのことですから、就学前の幼児期段階では関係ないと思われがちです。しかし、就学前の5歳児段階で、すでに9割くらいが文字に関する興味関心をもち、読み書きができるようになっているとされ、残り1割にLDの予備群がいるともいわれます。就学まもない頃から勉強に落ちこぼれていく可能性があります。

 

特に小学校高学年以上となると他の児童と比較される機会が多くなり、自尊心の低下をもたらします。それが、不登校、いじめ、非行にもつながり、本人をさらに苦しめるともいわれます。家庭や学校で不適応や非行などの問題行動を起こしやすく、青年期以降の社会的自立にもさまざまな課題を残す場合が多いとされます。

 

様々な問題を引き起こす恐れも…(画像はイメージです/PIXTA)
様々な問題を引き起こす恐れも…(画像はイメージです/PIXTA)

 

DSM‐5(精神疾患の診断・統計マニュアル‐5版)では、限局性(Specific)が明記され「限局性学習症/限局性学習障害」(SLD)という診断名になりました。文字の読み書きでは読むことが流暢にできない、文字を書けばバランスが悪くて上手に書けない、鏡文字になる、算数では数字の概念が理解できない、計算や推論ができないなど限局的な能力の落ち込みがみられます。

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

盛岡大学短期大学部幼児教育科 教授

著者紹介

連載もしかして発達障害?「気になる子ども」との向き合い方

もしかして発達障害?「気になる子ども」との向き合い方

もしかして発達障害?「気になる子ども」との向き合い方

嶋野 重行

幻冬舎メディアコンサルティング

絶えず動いて落ち着きがない。話すときに視線が合わない。 一見すると、発達障害があるのか、それとも性格や気質の問題なのかわからない「気になる子ども」が、全国の幼稚園や保育園で増えている。 本書では、幼稚園の先生た…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧