相続予定地に抵当権!? 亡父の「問題先送り精神」で兄弟は決裂

父が所有する土地に、兄と弟がそれぞれ家を構えて暮らしてしました。弟は父の家に暮らし、兄は自分で家を建てていましたが、父が亡くなると、兄の家にはローン残債があり、分筆されていない土地が抵当に入っていることが発覚。弟は土地を半分ほしいと申し出ましたが、兄は返済分を払えば担保を抜くと主張し…。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。

父親の土地は、兄の融資に「担保提供」されていた

今回の相談者は、40代の会社員、内山さんです。内山さんの父親が急死したため、内山さん、兄、姉2人の4人で財産を相続することになり、遺産分割の話し合いが始まりました。内山さんの母親は数年前に亡くなっています。

 

 

父親の主な財産は、現金のほか、土地と建物があります。形状が少し特殊で、2つの建物が1つの土地に並立して建築されており、いずれも賃貸併用住宅となっています。1棟は内山さんの家族と父親が同居していた自宅兼賃貸物件で、もう1棟は兄家族が暮らす自宅兼賃貸物件です。

 

内山さんが父親と同居する建物は父親名義なのですが、兄が住む建物は、兄が自分で銀行融資を受けて建てたものとなっています。

 

内山さんの希望は、内山さんと兄とで現在暮らしている不動産を半分ずつ相続し、姉2人には預金を分ける、というものでした。20代で他県へ嫁いで生活基盤を築き、それぞれ自宅も構えている姉たちは、内山さんの考えに賛同してくれました。しかし、肝心の兄の同意が得られません。

 

じつは、2棟の建物が建っている土地は分筆されておらず、1筆のままなのです。内山さん家族が暮らす父親名義の建物は、すでに建築費のローンを払い終えていますが、兄の住宅はまだ建築費のローンが残っているほか、融資を受ける際に父が土地を担保提供しており、抵当権も設定されています。

 

兄はそれを理由に、土地は全部自分が相続したいといい出しました。内山さんが土地を相続したいのなら、返済分を払ってくれたら担保を抜くという理屈です。話し合いは平行線となり、着地点が見えないまま申告期限が迫ってきました。

 

●相続人関係図

依頼者 :内山さん(会社員)、妻・子ども1人、長男と同じ敷地に居住
被相続人:父親(配偶者は数年前に死亡)
相続人 :長女・長男・次女・次男(相談者)
財産内訳:自宅土地、自宅兼アパート2棟、預貯金

 

NEW【最新セミナー情報】

“医師専門”の資産形成コンサルによる

勤務医だけのための投資セミナー~不動産投資~

他の情報とは違うと言い切れる理由があります。

理由はコチラ

株式会社夢相続代表取締役 公認不動産コンサルティングマスター 
相続対策専門士

京都府立大学女子短期大学卒。PHP研究所勤務後、1987年に不動産コンサルティング会社を創業。土地活用提案、賃貸管理業務を行う中で相続対策事業を開始。2001年に相続対策の専門会社として夢相続を分社。相続実務士の創始者として1万4400件の相続相談に対処。弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士など相続に関わる専門家と提携し、感情面、経済面、収益面に配慮した「オーダーメード相続」を提案、サポートしている。著書50冊累計38万部、TV・ラジオ102回、新聞・雑誌420回、セミナー500回を数える。近著に『いちばんわかりやすい 相続・贈与の本'18~'19年版』(成美堂出版)、『増補改訂版 図説 大切な人が亡くなったあとの届け出・手続き』(宝島社)ほか多数。

著者紹介

連載相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例

本記事は、株式会社夢相続が運営するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧