「そういえば、長女の相続分…」不公平な遺産分割に老母愕然

レストラン経営を成功させた働き者の夫婦。夫に先立たれた妻ですが、店を長男に継がせ悠々自適の毎日です。あるとき、自分が「なんとなくイメージしていた」3人の子どもたちへの遺産分割の内容が、あまりにも不公平なことに気づき、愕然。対策を立てようとしますが、価値の高い不動産がかえって遺産分割のハードルを上げることに…。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。

都心の洒落たレストラン、経営者夫婦は「超倹約家」

今回の相談者は、70代の加藤さんです。加藤さんは長い間、亡き夫とともに飲食店を営んでいました。当初は、住宅街の小さな店舗からスタートした庶民的なレストランでしたが、味がよいと大変繁盛し、マスコミもたびたび取材に訪れる人気店に。何度か場所を変えながら、最終的には渋谷の住宅街に土地を購入するまでになり、現在では日当たりのいいテラス席を設けた、おしゃれな店となりました。相変わらずの人気店で、ドラマの撮影にも使用されることがあります。

 

 

とはいえ、加藤さん夫婦の経営は極めて堅実でした。その甲斐あって、夫と築いた資産はかなりのものです。レストランを経営している土地と建物、世田谷には瀟洒な自宅兼賃貸マンションがあります。そのほかにも、ご主人が亡くなったときの生命保険も残っているほか、長年の順調な経営で積み上がった億に近い預貯金もあります。現在は長男夫婦に店を任せていますが、経営する賃貸マンションも満室で、お金の心配がない、悠々自適の老後生活です。

 

加藤さんには、長女、長男、次男の3人の子どもがいます。長男は食品会社を経営しているほか、両親から引き継いだレストランも経営、独身の次男はヨーロッパの輸入品を扱う自営業、長女は長男の店で片腕として働いています。

 

加藤さんはもの静かな方で、ひとりの生活が楽しいといいます。そのため、子どもたちとは同居はせず、近所に暮らしている長女家族とたまに食事をともにする程度です。

 

●相続人関係図

被相続人 :加藤さん・70代(配偶者は故人)
相続人  :長女、長男、次男

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

株式会社夢相続代表取締役 公認不動産コンサルティングマスター 
相続対策専門士

京都府立大学女子短期大学卒。PHP研究所勤務後、1987年に不動産コンサルティング会社を創業。土地活用提案、賃貸管理業務を行う中で相続対策事業を開始。2001年に相続対策の専門会社として夢相続を分社。相続実務士の創始者として1万4400件の相続相談に対処。弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士など相続に関わる専門家と提携し、感情面、経済面、収益面に配慮した「オーダーメード相続」を提案、サポートしている。著書50冊累計38万部、TV・ラジオ102回、新聞・雑誌420回、セミナー500回を数える。近著に『いちばんわかりやすい 相続・贈与の本'18~'19年版』(成美堂出版)、『増補改訂版 図説 大切な人が亡くなったあとの届け出・手続き』(宝島社)ほか多数。

著者紹介

連載相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例

本記事は、株式会社夢相続が運営するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧