億単位の財産と未婚の義妹…夫亡きあとに残った「心配の火種」

夫唱婦随で地道な商売を続け、気づけば積み上がった資産は億単位…。しかし、夫が急逝したことで、妻は相続の問題に直面します。降りかかる高額な相続税と、夫が気にかけ、そばに置いていた独身の妹への対処に、妻は困り果ててしまいます。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。

洋品店を経営する夫婦…店と自宅と駅近駐車場を所有

今回の相談者は、60代のT村さんです。T村さんは40年近く、夫婦で洋品店を経営してきました。なんの伝手も元手もないところから商売をスタートし、それこそ朝早くから夜中まで働き詰めだったそうです。

 

 

当初は流行の衣類や小物類を中心に置いていましたが、近隣に大型スーパーや衣料品店ができたころから経営方針を変更し、年代が高め、サイズが大きめの婦人服を中心に扱うようにしたところ、固定客がついて経営が安定しました。

 

T村さんの夫の楽しみは、株や不動産の購入でした。お金に余裕ができると少しずつ株を買い、まとまった金額になると、不動産の購入費用の足しにしていたのです。夫が所有するのは商売をしている駅前の店と、家族で生活する自宅、そして駅近の駐車場です。

 

60歳も過ぎ、これからは夫婦で年金をもらいつつ、商売もペースを落としてのんびりとやっていこうと話していた矢先、T村さんの夫は体調を崩してしまいました。念のための検査ということで近くの国立病院へ行ったところ、深刻な病気が発見され、そのまま緊急入院。結局、退院することもできないまま、数週間後に亡くなってしまったのです。

 

本人も家族も、念のための検査のつもりだっただけに、思いもよらない結果に慌てふためき、心の準備も覚悟もないまま葬儀を終えました。

 

T村さんは、夫の死があまりにあっけなく、しばらくは呆然自失となってしまいましたが、相続の手続きをしなくてはいけないと思い立ち、筆者のところへ相談に来られたのでした。

 

●相続関係者

被相続人:夫(洋品店経営)
相続人 :2人 妻(洋品店経営)、長女(既婚)

 

あああ
客層を絞ったところ、固定客がついて商売は安定した(※写真はイメージです/PIXTA)

株式会社夢相続代表取締役 公認不動産コンサルティングマスター 
相続対策専門士

京都府立大学女子短期大学卒。PHP研究所勤務後、1987年に不動産コンサルティング会社を創業。土地活用提案、賃貸管理業務を行う中で相続対策事業を開始。2001年に相続対策の専門会社として夢相続を分社。相続実務士の創始者として1万4400件の相続相談に対処。弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士など相続に関わる専門家と提携し、感情面、経済面、収益面に配慮した「オーダーメード相続」を提案、サポートしている。著書50冊累計38万部、TV・ラジオ102回、新聞・雑誌420回、セミナー500回を数える。近著に『いちばんわかりやすい 相続・贈与の本'18~'19年版』(成美堂出版)、『増補改訂版 図説 大切な人が亡くなったあとの届け出・手続き』(宝島社)ほか多数。

著者紹介

連載相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例

本記事は、株式会社夢相続が運営するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧