田園都市線の最果て「中央林間」天国のような住み心地の裏で…

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、東急田園都市線と小田急江ノ島線が使える「中央林間」駅。

2路線使える「中央林間」都心からの距離がネック

「中央林間」は、神奈川県大和市にある駅で、東急田園都市線の終着駅であり、小田急江ノ島線との接続駅です。東急線駅の乗降客数は1日10万人強、小田急線駅は10万人弱です。

 

【PR】6月6日(土)無料WEBセミナー開催決定! お申込・詳細はこちら≻≻≻
相続対策×超一等地の都心不動産投資「不動産小口化商品」最新情報! 

 

雑木林が広がっていた一帯に、小田急線駅ができたのは、1929年、昭和4年のことです。「中央林間都市」駅として開業しました。小田急江ノ島線には隣駅に「東林間」「南林間」がありますが、これらの駅も「東林間都市」「南林間都市」として開業しています。小田急は「林間都市計画」により、この地に成城学園前のような高級住宅地をつくる計画でしたが、都心から遠いにも関わらず分譲価格が高かったことで計画通りには進まなかったそうです。さらに太平洋戦争が勃発し、事業は中止。駅名から「都市」という文字も消えて、現在の駅名になりました。

 

「中央林間」駅周辺の碁盤の目状に走る道路は、小田急が抱いた儚い夢の名残だといえるでしょう。そして1984年、東急田園都市線の延伸によって、東急線駅が開業。一気に開発が進み、東京都心のベッドタウン、神奈川県中央部の中核として発展しました。

 

駅周辺をみてみましょう。駅ビル「エトモ中央林間」と隣接する「中央林間東急スクエア」はコンパクトな造りながらも、「東急ストア」のほか、お馴染みの外食チェーンや惣菜、100円ショップ、服・靴、書店……と使い勝手のいいテナントがラインナップ。さらに駅東口から徒歩5分ほどの旧イトーヨーカドー中央林間店跡地には、ショッピングモール「ラプラ中央林間」があります。こちらにも食品スーパーやドラッグストアなど、地域に密着したサービス店が入っています。

 

駅周辺にコンパクトに商店が集積し、その先は閑静な住宅街。環境のよさからファミリーのほうが多い印象です。

 

次のページ≻≻≻住み心地は最高レベル…あとは通勤に対する考え方

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧