東京を襲う巨大地震…過去の教訓は生かされているのか?

いまから100年近く前の9月1日。首都圏を中心に襲った関東大震災。東京の都心から下町地域は大規模な火災により、壊滅的な被害を受けました。以降、火災の延焼を防ぐ都市公園が造られるなど、防災を意識した復興がされましたが、震災は遠い昔の話。その経験は、現在の東京の街に生かされているのか、検証していきましょう。

9月1日11時58分…最大震度7の巨大地震発生

9月1日、この日は「防災の日」です。自然災害についての認識を深め、その災害に対処する心構えを準備するために、1960年に制定されました。この9月1日という日付は、10万人以上の死者・行方不明者を出した「関東大震災」に由来することは、よく知られたことです。

 

------------------------------------------------------------------------
[PR]資産形成の最適解「新築アパート経営」の特集を読む
入居率99%をずっと続ける!人生100年時代の「新築アパート経営」

------------------------------------------------------------------------

 

関東大震災が起きたのは、1923年9月1日11時時58分32秒ごろ。相模湾北西部を震源とするマグニチュード7.9の巨大地震が首都圏を襲いました。最大震度は7で、震源に近い神奈川県西部の山間部では大規模な山崩れや土石流が発生し、沿岸部では大津波が発生。都市部では多くの建物が倒壊したうえ、ちょうど昼食時間帯と重なっていたため、調理用の火が元となり至るところで火災が発生。大規模な延焼となりました。

 

被害(全半壊、焼失、流失、埋没など)を受けた住宅は、東京で205,580戸、神奈川で125,577戸など、計37万戸強。死者・行方不明者は、東京で70,387人、神奈川で32,838人など、計10万5,000人以上。特に焼死が多かったのは、日本海沿岸を北上する台風の影響で、関東地方に強風が吹いていたため。特に現在の墨田区横網にあった陸軍本所被服廠跡地(現在の横網町公園)では火災旋風が起き、約4万人もの人が犠牲になりました。

 

当時、東京市(西は江東区、東は新宿あたり)の人口は約250万人といわれていたのに対し、横浜市は45万人ほど。関東大震災ではよく東京の被害に焦点があたりがちですが、人口比でいうと、神奈川・横浜のほうが悲惨だったといえます。

 

「東京都復興記念館」震災の惨禍を後世に伝え、官民協力して焦土と化した東京を復興させたことを記念し、震災記念堂の付帯施設として建てられた/PIXTA
「東京都復興記念館」震災の惨禍を後世に伝え、官民協力して焦土と化した東京を復興させたことを記念し、震災記念堂の付帯施設として建てられた/PIXTA

 

----------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]不動産投資、いきなり始めるのはあまりに危険!
年収500万円会社員向け、不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>
年収800万円会社員向け、不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧