東京メトロ全180駅…10年で最も利用客が伸びた駅はどこだ?

通勤・通学に、観光に…東京暮らしには欠かすことができない、地下鉄網。駅の利用客の推移をみていくと、都心のいたるところで行われている開発が、どれほどのインパクトがあったのかなど、さまざまなことがみえてきます。今回は東京メトロの駅に焦点を絞り、その変化に注目していきます。

東京メトロ9路線…利用客増加率ベスト3を発表

東京(一部埼玉、千葉)を縦横無尽に走る東京地下鉄、通称、東京メトロ。全9路線、総計195.0kmにも及ぶネットワークは、都心にアクセスできる交通機関として、なくてはならない存在です。

 

東京で地下鉄が初めて走ったのは、いまから100年近くも前の1927年。現在の銀座線の一部である「浅草」~「上野」が東洋初の地下鉄として営業を開始しました。その後、1954年に丸ノ内線、1961年に日比谷線、1964年に東西線、1969年に千代田線、1974年に有楽町線、1978年に半蔵門線、1991年に南北線が開業。そして2004年に営団地下鉄から東京メトロになってから、2008年に副都心線が開業しました。

 

9路線のうち、7路線でほか鉄道会社と直通運転が行われ、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県まで、広範囲で運転されています。

 

そんな東京メトロには、180の駅がありますが(重複含まず)、利用客を増やしたり、減らしたりと、栄枯盛衰の歴史があります。まずはそれぞれの路線ごとに、各駅10年(2008~2018年)の増減率をみていきましょう。

 

東京メトロ1000系電車/PIXTA
東京メトロ1000系電車/PIXTA

 

■銀座線

「渋谷」と「浅草」を結ぶ14.2km。その間に19の駅があります。そのなかで最も利用客増加率が高かったのが「京橋」で131%。「田原町」「稲荷町」と続きます(図表1)

 

出所:関東交通広告協議会、2010年、2018年「1日平均乗降人員」より作成
[図表1]銀座線駅利用客増減率トップ3 出所:関東交通広告協議会、2010年、2018年「1日平均乗降人員」より作成

 

日本橋と銀座の間に位置し、東京・八重洲に近い「京橋」周辺は、小・中規模のオフィスビルの多いエリアですが、近年、大規模な再開発事業が行われ、2013年「東京スクエアガーデン」、2016年「京橋エドグラン」が誕生。通勤客が大幅に増えました。

 

また上野と浅草の間に位置し、合羽橋なども近い「稲荷町」「田原町」は、インバウンド客の増加によって、利用客を増やしました。

 

■丸ノ内線

「荻窪」「方南町」と「池袋」を結ぶ、総延長27.4km。東京メトロでは珍しく、「中野坂上」から「方南町」へと分岐線が走ります。全28駅のなかで最も増減率が高かったのが「新宿三丁目」で226%を記録。これは2008年の副都心線開業が大きく貢献していると考えられます(図表2)

 

出所:関東交通広告協議会、2010年、2018年「1日平均乗降人員」より作成
[図表2]丸ノ内線駅利用客増減率トップ3 出所:関東交通広告協議会、2010年、2018年「1日平均乗降人員」より作成

 

続く2位が「西新宿」。新宿副都心の北端にある駅ですが、西新宿から北新宿にかけての再開発で、2011年「住友不動産新宿グランドタワー」「新宿フロントスクエア」と高層オフィスビルが誕生。通勤利用客が大幅に増えました。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧