▲トップへ戻る
本当に得? 不動産投資の赤字で「本業の黒字を消す」節税策

前回は、収益物件の「修繕」を活用した節税法を取り上げました。今回は、不動産投資の赤字で本業の黒字を消す節税策は本当に得なのかを見ていきます。

本業と不動産所得の赤字を通算し、所得税還付を狙う

前回、営業マンが持ち込んでくる「所得税節税話」には気をつけろと書いたが、ここでは税務当局から目をつけられないためにも、不動産所得と税金について知らないとソンする点をピックアップしてみた。

 

まずはよく行われている本業の所得と不動産投資の赤字を通算して所得税を節税する仕組みだ。基本的な仕組みを箇条書きにしてみる。

 

①賃貸用不動産を買い、大家さんをはじめる

②青色申告の届出をし確定申告を行う

③不動産所得が毎年赤字になるようにする

④不動産所得の赤字を本業の所得と通算する

⑤本業の所得から所得税の還付をうける

 

ここでのポイントは不動産投資での赤字額と本業の節税効果のバランスだ。図表では不動産投資で所得が100万円、200万円、300万円の赤字だった場合、どれだけ本業にかかる所得税・住民税が節税になるかを示した。

 

[図表]不動産投資による所得税節税

 

本業の税金は減るが、事業全体でみると「赤字」に

たしかに不動産所得がなかった場合にくらべ、100万円の赤字の場合は31万2000円、200万円の場合は61万2000円、300万円では91万2000円の節税効果が数字のうえでは出ているといえる。

 

しかし不動産事業では赤字が出ているわけだから、それとのバランスもみておかないといけない。図表の右端の数字が不動産事業での赤字と節税効果の差を表している。これがいずれもマイナスである点に注目してほしい。つまり本業と副業である大家さん業を通算してみると、本業だけの場合より収める税金は減っているものの、事業全体でみると赤字になっているのだ。

 

大家さん初心者には、こうした数字の話はピンとこないかもしれないが、頭の隅にでも置いておいてほしい。

株式会社町田工務店 代表取締役社長

大阪市出身。高校卒業後、父親が創設した町田工務店に入社。昼間は現場で働き、夜は夜間の大学に通い建築を勉強しながら、一級建築士の資格を取得。平成3年町田工務店の社長に就任した際に、パートナーや回りの人たちの大切さを実感。以来、実際に住まわれるお客様の顔が見える仕事を一層大事にし、そんなお客様に喜んでいただけることを日々の仕事の励みや喜び、やりがいとする。
安心安全はあたりまえ。「大切な家族を育む家づくり」「人と地球にやさしい家づくり」「次世代へ引き継ぐ家づくり」。そんな『こだわりの暮らし』を追求する。

著者紹介

連載工務店社長が伝授! 「ネット集客」で勝つ収益物件づくり

本連載は、2017年5月刊行の書籍『年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

町田 泰次

幻冬舎メディアコンサルティング

資産形成の方法として特に不動産投資は安定性もあり人気だ。 だが、ハードルが高く手が出ない・・・ 特にサラリーマンなどは、失敗もできないため二の足を踏む人も多いだろう。 本作はそんな、サラリーマンにこそ知って欲し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧