▲トップへ戻る
下請け会社の支払い条件を改善 電子記録債権の導入事例

前回は、電子記録債権による「サプライチェーン・ファイナンス」について取り上げました。今回は、下請け会社の支払い条件を改善した、電子記録債権の導入事例を見ていきます。

新築アパートの完成から、最短2日で現金化が可能に

サプライチェーン・ファイナンスは2016年8月から提供を開始し、これまでに上場企業数社で導入されました。

 

そのひとつが「レオパレス」シリーズの新築アパートなどで知られるレオパレス21です。東証一部上場の同社は、多くの工務店や資材会社と取引がありますが、最近は東京五輪に向けての建築需要の高まりなどで、優良な取引先の確保が大きな課題になっていました。

 

そこで、サプライチェーン・ファイナンスを利用し、工務店や資材会社に対する支払い条件の改善を図ることにしたのです。

 

同社では従来、完成した新築アパートを検収した後、40日から70日の期間で発注代金を支払っていました。アパートの新築工事の場合、発注から完成まで数カ月から1年ほどかかります。下請けである工務店などはその間、売上が入らないなかで人件費などを負担しなければなりません。しかし、サプライチェーン・ファイナンスにより、売掛債権を電子記録債権にすることで、新築アパートの完成・検収から最短2日での現金化が可能となりました。

 

また、レオパレス21にとっても納入企業、協力会社の金利負担を引き下げることで、サプライチェーン全体のコスト競争力が高まります。

 

[図表1]レオパレス21におけるサプライチェーン・ファイナンスの流れ

参考 日経FinTech 5月号
参考 日経FinTech 5月号

 

[図表2]レオパレス21の受注企業における代金受領のタイミング

参考 日経FinTech 5月号
参考 日経FinTech 5月号

 

電子記録債権を担保にする「POファイナンス®」の仕組み

サプライチェーン・ファイナンスは、売掛債権を従来よりも低コストで現金化する仕組みですが、売掛債権が発生していることが前提です。

 

これに対してPOファイナンス®は、売掛債権が発生する前の発注段階、すなわち発注情報(PO:パーチェス・オーダー)をもとに電子記録債権を発生させ、それを担保に金融機関から発注額の最大5割までの資金調達を可能にする画期的な仕組みです。

 

具体的には、発注元(大企業)から下請会社(中小企業など)に発注があった時点で、契約に従った目的物の引き渡し後に支払うという抗弁付きの電子記録債権を、発注元と下請会社の請求に基づき発生させます。

 

発注元にとっては商品やサービスを検収し、引き渡しを受けなければ支払いはできません。そこで、契約に従った目的物の引き渡し後に支払うという抗弁を付けることで対応しているのです。

 

これまで、発注書は銀行融資の担保にすることはできず、せいぜい融資判断の材料になるくらいでした。発注書が偽物だったり、複数の金融機関に持ち込まれていたりするリスクがあるので、銀行も慎重でした。しかし、電子記録債権ならば、債権の発生は明確であり、こうしたリスクはありません。

 

さらに、発注情報に基づいて発生させた電子記録債権には、信用保証協会の保証を付けることが法律上は可能になっており、本書執筆時点では、発注額の最大5割までの保証が受けられる方向で関係機関との実務的な検討作業が行われています。

 

従来、中小企業のなかには、受注しても仕入れ等の運転資金が途中で不足する恐れがあるため、受注できないケースもありました。しかし、POファイナンス®を利用すれば、大きな受注による運転資金不足を心配することなく、積極的に受注活動を拡大できます。

 

また、金融機関は通常、貸出にあたって過去2期分とか3期分の決算書を条件にしており、設立間もないベンチャー企業にとってはそもそも決算資料すらなく、金融機関から融資を受けられないという制約がありました。この場合も、POファイナンス®を利用することで、それこそ1期目の決算前であっても融資を受ける道が開けてきます。

 

[図表3]POファイナンス®のイメージ

Tranzax株式会社 代表取締役社長

一橋大学卒業後、野村證券に入社。金融法人部リレーションシップマネージャーとして、ストラクチャード・ファイナンス並びに大型案件の立案から実行まで手掛ける。主計部では経営計画を担当。経営改革プロジェクトを推進し、事業再構築にも取り組んだ。2004年4月にエフエム東京執行役員経営企画局長に。同年10月には放送と通信の融合に向けて、モバイルIT上場企業のジグノシステムを買収。2007年4月にはCSK-IS執行役員就任。福岡市のデジタル放送実証実験、電子記録債権に関する研究開発に取り組んだ。2009年に日本電子記録債権研究所(現Tranzax)を設立。

著者紹介

連載電子記録債権を活用した「企業金融スキーム」

 

 

企業のためのフィンテック入門

企業のためのフィンテック入門

小倉 隆志

幻冬舎メディアコンサルティング

圧倒的な「コスト削減」「業務効率化」「キャッシュフロー改善」を実現する最新技術とは? フィンテックは一時の流行の枠を超え、次のステージに入っているという見方が大勢を占める。 ビットコインのリスクなどマイナス要…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧