書籍詳細

『身近な人の介護で「損したくない!」と思ったら読む本 介護のプロが教える介護保険120%活用マニュアル』

身近な人の介護で「損したくない!」と思ったら読む本 介護のプロが教える介護保険120%活用マニュアル

河北 美紀

出版社名:実務教育出版

発行年月:2021年6月

日本における要介護者数は06年で425万人→12年で545万人と、6年で100万人以上増えています。

しかし、これまでの介護本の著者はジャーナリストが多く、現役のプロ介護職や介護事業所経営者が書いた本はほとんどありませんでした。

そのため、裏ワザ的な介護サービスの利用法が出回らず、現役世代の介護離職者も激増しています。

本書は、介護保険サービスのカギを握る「介護認定審査会委員」を歴任した介護施設経営者が、介護する側が仕事や生きがいと介護を両立できるお金の劇的節約ノウハウを伝える、画期的な介護本です。

株式会社アテンド 代表取締役

2013年介護事業を運営する株式会社アテンド代表取締役就任。

母体のデイサービスは、2017年株式会社ツクイ(東証一部上場企業)主催の介護コンテスト横浜会場にて最優秀賞受賞。

8年間父の介護をした経験と、江戸川区介護認定審査会委員を務めた経験をもとに介護保険外サービス『冠婚葬祭付き添いサービス』を拡大。

メディア実績は、厚生労働省老健事業「サービス活用販促ガイド」、週刊ダイアモンド、シルバー新報、東京都「キャリアトライアル65」、経済界など複数。

著者紹介

掲載記事

[連載]介護のプロが教える「介護費用節約」ノウハウ

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!