[連載]IoT、AI、ビッグデータ…企業のあり方、個人の働き方を根底から変える「UX」とは?

本連載は、シーオス株式会社の代表取締役・松島聡氏の著書、『UXの時代――IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか 』(英治出版)の中から一部を抜粋し、AIやIoTなどテクノロジーの進化によって大変革期を迎えている経済・産業の今とこれからについて解説します。

本連載の著者紹介

シーオス株式会社 代表取締役社長

1969年、我孫子生まれ。東京薬科大学薬学部卒業。
アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)在籍時に医療流通の複雑さと将来性に気づき、2000 年にシーオスを創業。医療流通事業を皮切りに通信、小売、メーカーをはじめとする多業種のロジスティクスをデジタル化。近年はその実績を評価され、経済産業省「次世代物流システム構築」、農林水産省「農産物輸出コスト低減対策特別支援事業」、国土交通省「ETC2.0車両運行管理支援サービスに関する社会実験」に携わる。現在はAI、IoT、ロボットなどの技術面とUX(顧客体験)双方を追求した新サービスを生み出し、C to Cシェアリングビジネスやスポーツ・アクティビティー事業も牽引。
http://www.seaos.co.jp/

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧