「1ドル160円台」をひた走るドル/円だが…過去2年連続で7月に勃発している「米ドルの下落」は、今年も繰り返されるのか【国際金融アナリストの考察】

7月9日〜7月15日の「FX投資戦略」ポイント

「1ドル160円台」をひた走るドル/円だが…過去2年連続で7月に勃発している「米ドルの下落」は、今年も繰り返されるのか【国際金融アナリストの考察】
(※画像はイメージです/PIXTA)

先週も「1ドル=160円台」を維持した「ドル円」。しかしながら、ここまでの米ドル高・円安の主導役と見られる、投機筋による米ドル買いも、「行き過ぎ」の懸念がかなり強まってきた、とマネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は警戒します。今週の相場の展開予測を、詳しく見ていきましょう。 

7月9日〜7月15日の「FX投資戦略」ポイント

〈ポイント〉
・先週の米ドル/円は高値を更新し、162円直前まで続伸したものの、週後半は伸び悩んだ。
・ここまでの米ドル高・円安の主導役と見られる「投機筋による米ドル買い」も、かなり「行き過ぎ」の懸念が強まってきた。しかも、7月は過去2年連続で、米ドルが比較的大きく反落し、その一因は、ポジション調整と考えられたことから、今回も、投機筋のポジション動向は注目か。
・今週の米ドル/円は、上記のポジション調整も想定し、158~162.5円で予想。

先週の振り返り=米ドル高値更新、162円直前まで続伸

先週の米ドル/円は、週明けに、トランプ氏の米大統領への返り咲きの可能性が高まったとの思惑などから、米金利が大きく上昇したことを手掛かりに、米ドル買いが先行し、この間の高値を更新し、水曜日に162円突破寸前まで上昇しました。ただし、発表された米経済指標は、予想より弱い結果が目立ち、米利下げ期待から米金利が低下するなかで、金曜日にかけて、160円台前半まで米ドルが反落する場面もありました(図表1参照)。

 

出所:
[図表1]米ドル/円の日足チャート(2024年5月~) 出所:マネックストレーダーFX

 

それでは、米ドル/円は、先週後半の流れを引き継ぎ、さらに160円割れへ反落が広がるところとなるのか? それとも再び高値更新で、162円突破に向かうのでしょうか。それを考えるうえで注目したいのが、ここまでの米ドル高・円安の主導役となっている可能性のある、短期売買を実施する投機筋のポジション動向です。

 

CFTC(米商品先物取引委員会)統計の投機筋の円ポジションを見ると、最近にかけて、かなり大きく米ドル買い・円売りに傾斜しているようです(図表2参照)。

 

出所:
[図表2]CFTC統計の投機筋の円ポジション(2022年1月~) 出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成

 

その状況下で、さらなる米ドル買い・円売りを続けることができるのか、逆に、ポジション調整で米ドル売り・円買いに転換する可能性も考えられるでしょう。こういった投機筋の動向が、米ドル/円が160円割れの反落に向かうか、それとも162円突破に向かうか否かに、大きく影響する可能性があります。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

次ページ過去2年連続で大きく下落している、7月の米ドル/円

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録