「幸せなのに人生がつらかった」…思い悩む32歳女性が日本を飛び出しワーホリへ→“未知の世界“で気持ちがスッとラクになったワケ

「幸せなのに人生がつらかった」…思い悩む32歳女性が日本を飛び出しワーホリへ→“未知の世界“で気持ちがスッとラクになったワケ

周りから見れば恵まれているように見える。自分でも幸せだと思うのに、なぜだか生きるのがつらい…そんな女性は少なくないのではないでしょうか。まさにそんな状態に陥っていた美容師の鈴木彩さん(仮名)さんがオーストラリアのワーキングホリデーに行き、無我夢中で海外生活を送る中で様々な気づきがあったといいます。今回はその内容を、『安いニッポンからワーホリ!最低時給2000円の国で夢を見つけた若者たち』(上阪徹著:東洋経済新報社)より再編集してご紹介します。

世界を見てみないと危ない、と漠然と思った

ワーホリでオーストラリアにやってきて2か月半が経った女性に話を聞いた。東京で美容師として仕事をしていた、鈴木彩さん(仮名・32歳)だ。ワーホリビザは、31歳の誕生日までに取得しないといけない。まさに、ギリギリの決断だった。

 

「本当は、海外が苦手なんです。ただ、約10年間、日本で社会人を経験して、これからの日本のこととか、自分のこととかを考えたとき、世界を見てみないと危ないな、と漠然と思ったんです。何が、というのは明確には言えないんですが、勘のようなものです。それで危機を感じて、海外が苦手だったけど、ちょっと出てみよう、と」

 

ワーホリを思い立ったのは、ワーホリを取り上げたテレビ番組だった。ただ、稼げることを魅力に感じたわけではまったくない。

 

「調べるとわかりますが、生活にはそれなりの費用がかかりますよね。また、ここに来る費用だって必要になります。おそらく、現地に来てみないとわからない費用もあるでしょう。それをざっくりとですけど自分で計算してみたら、1年間なら何もわざわざ海外に出なくても、私の場合は日本で美容師をしていたほうがいい、とわかっていましたから」

 

逆に、美容師がそれだけの価値のある仕事だということにも、改めて気がついた。だからこそ、海外に出てみようか、という気持ちにもなれた。

 

「報道には、報道の狙いがありますよね。取材を受けた人が伝えたかったこととは、違う言葉を切り取られている可能性もある。みんながみんなこんなはずがない、ということもそうですし、稼ぎに来ました、というセリフがあったとしても、それがすべてだと解釈してはいけないな、とも思いましたし」

 

最初から決めていたのは、1年で帰るということ。あくまで自分の生活の基盤は日本にある。

 

「人材の海外流出という話が報道の延長で言われたりします。いい人材が出ていってしまう、みたいな。でも、それは海外のほうが住みやすいとか、お金が稼げたり貯められたりするからだと言われているからですよね。となれば、海外の良いところを日本に持って帰ってこない限り、一向に日本は良くならないと思うわけです。だから、その両方が、善し悪しがわかる人間になりたいと思ったんです」

 

10年働いて社会人として中堅になったという自覚が、そうさせた。誰かのせいにしていても、いつまで経っても何も変わらないからだ。

 

「実際に生活すれば、いいことばかりでないこともわかる。でも、海外のいいところもある。だから、合わせて日本バージョンにしたらいいと思ったんです。日本にもいいところはたくさんあります。ただ、自国だけでいい暮らしができる時代だったらいいですが、そうはいかなくなっている。そこで、日本のやり方に海外のエッセンスをうまく取り入れられる人が増えればいいと思ったんです」

 

ぼんやりとした日本への不安。そして、新たな未来に貢献したい気持ち。こんなワーホリ動機もあるのだ。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

 

次ページ周囲を気にするストレスから解放

※本連載は、上阪徹氏の著書『安いニッポンからワーホリ!最低時給2000円の国で夢を見つけた若者たち』(東洋経済新報社)より一部を抜粋・再編集したものです。

安いニッポンからワーホリ!最低時給2000円の国で夢を見つけた若者たち

安いニッポンからワーホリ!最低時給2000円の国で夢を見つけた若者たち

上阪 徹

東洋経済新報社

・実働6時間のブルーベリー摘みで月収50万円。 ・カフェでのアルバイト収入は週給10万円。 ・残業なしの介護アシスタントで月収80万円。 オーストラリア、カナダ、ニュージーランド……。コロナ禍が明けた今、日本を飛び…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧