愛する我が子へ…遠方に住む父、急逝。死に目に会えなかったひとり娘、遺された「年間110万円」の贈与に涙も…数年後に知る「仰天事実」【税務調査の実態】

愛する我が子へ…遠方に住む父、急逝。死に目に会えなかったひとり娘、遺された「年間110万円」の贈与に涙も…数年後に知る「仰天事実」【税務調査の実態】
(※写真はイメージです/PIXTA)

我が子の将来のため、子供名義の口座にコツコツ貯金をしている人は多いでしょう。年間110万円ずつの預金など、相続税対策を行っている人も少なくありません。しかし、その相続対策は本当に正しいものでしょうか? 税務署はそんな親が子供のために行う預金にも目を光らせています。本記事では、Aさんの事例とともに、名義預金の注意点について、税理士事務所エールパートナーの木戸真智子税理士が解説します。

離れて暮らす父、急逝

35歳になるAさん(女性)は、東京で会社員として忙しく過ごしていました。大学入学を機に上京し、そのまま都内の企業に就職。地方の実家には年に1度か2度、顔を見せられればいいほう、という状態となっていました。

 

そんな折、突然、実家から電話が。父親が倒れたとのことでした。Aさんは急いで実家に向かいました。どうやらAさんの父親は会社で突然倒れてしまい、救急車で運ばれたのですが、処置が間に合わなかったようでした。

 

あまりに早すぎる父親との別れに、「もっと頻繁に帰っておけばよかった……」とこぼすAさん。仕事が忙しいことを口実に父親に会えていなかったことを大きく後悔しました。久しぶりに見た父親と憔悴しきった母親を見て、さらに気持ちは落ち込みました。

 

しかし、そんなことばかり言っている間もなく、お通夜やお葬式をはじめとしたいろいろな準備や手配をする必要があります。娘としてしっかり母親を支えようと、Aさんは母親をサポートしました。

 

それからしばらく、少し落ち着いたかと思ったら次は相続税の申告が待っていました。こちらも同じく、Aさんは仕事の合間をぬってできる限りのことをして進めていきました。

 

「時間は、つくるものなのね……」

 

Aさんは忙しくてもどうにか時間をつくっていろいろと進めているうちに、自分自身の意識も変わっていきました。それからというもの、Aさんは時間があれば、実家の母の様子を見に行くようになりました。

預金残高1,300万円…子どものころから貯めてくれていた通帳

そうして、数年経ったある日。父親の相続税についての税務調査が来ることになりました。

 

「いまさらなぜ調査が?」と不思議に思うも、当日はAさんが立ち会うことにしました。もともと申告の手続きをしたのはAさん自身なので、一番把握している。聞かれることにしっかり答えられるのは自分しかいないと思ったためです。

 

しかし、当日を迎えたある日、Aさんは仰天事実を知るのでした。

 

調査当日、Aさんが知らなかったAさんの通帳が見つかります。それは、Aさんの実家近くの信用金庫でした。父親はいつもそこの金融機関を使っていましたが、東京では店舗がなかったので、Aさんは使うことはまったくない金融機関でした。

 

中身を見てみるとAさんが子供のころから、お年玉やお金を定期的に預け入れしているのが記録されていました。Aさんの父親はずっと、Aさんのために貯金をしてくれていたのでした。

 

贈与税の対策と思っていたのか、毎年110万円以内となるように預け入れがされていました。総額は1,300万円ほどになっていました。愛する我が子へ……密かにずっと貯めていてくれた父の気持ちを思うと、Aさんの眼には涙が浮かびます。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月13日(土)開催
必見!不労収入100万円の作り方
<創業35年>トーシンパートナーズが伝授
基礎から学ぶ「ワンルームマンション投資」

 

【海外不動産】4月17日(水)開催
利回り7%、値上がり率60%超の投資案件も!
世界の富裕層が熱視線を送る
「ドバイ不動産」最新・投資戦略

次ページ税務調査で告げられた「多額の追徴課税額」

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録