コロナだから「外に出ちゃダメだよ」子どもの言葉が悲劇を招く (※写真はイメージです/PIXTA)

「お母さんは外に出ちゃダメだよ」と離れて暮らす子どもにそう言われた80代の女性は、食料や生活用品は生協の宅配で済ませ、買い物も行かず、散歩もせず、我慢していたそうです。そのうち、食欲もなくなり、記憶力が減退していきました。老人医療に詳しい精神科医の和田秀樹氏が著書『80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい』(廣済堂出版)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】12/15(木) 開催決定
東京23区・駅近投資で資産防衛・相続対策!
高い資産価値を維持する「新築一棟賃貸マンション」
開業医のための「個人資産の増やし方」セミナー 詳しくコチラ>>>

認知症とうつ病の初期の状態は似ている

■高齢期の「不安」が、むしろ老化に悪影響をおよぼす

 

このコロナ感染が広まる中で、高齢者の方たちの要介護度が上がるのではないかと私は心配しています。

 

高齢になるとどうしても「不安」が強くなる傾向があります。

 

若いときは少々冒険していたのに、年をとると弱気になってくるのです。

 

「いつ死んでもいい」と言いながらも、あちこちの病院に通ってしまいます。

 

コロナ感染の始まった頃は、高齢者に重症になる方が多く、たしかに気をつけないといけない時期もありました。そのため、そのときから、感染が怖いのであまり外に出なくなった人が多くいました。

 

「お母さんは外に出ちゃダメだよ」

 

子どもにそう言われた80代の女性は、食料や生活用品は生協の宅配で済ませ、買い物も行かず、散歩もせず、我慢していたそうです。

 

そのうち、食欲もなくなり、記憶力が減退して、寝てばかりいるということで病院に行きました。

 

診断は抑うつ状態でした。

 

外に出たら感染すると思って閉じこもり、話すのは宅配のお兄さんぐらい。体操教室にも通っていましたが、感染予防のために教室が閉じています。行くところもありません。隣近所との立ち話も控えていたそうです。

 

この方の感染不安のおおもとは、自分が感染することより、人に迷惑をかけるということでした。まず離れて暮らす子どもたちに迷惑をかける。隣近所には迷惑というより白い目で見られやしないか、体操教室の友達に除け者にされないか、不安の妄想が広がっていったそうです。

 

こういう方は多いのではないでしょうか。

 

私はコロナ感染禍の中で高齢者がどう生活し、生き延びていくかの研究も必要だと思っています。

 

高齢者の不安は、コロナ感染だけでなく、いろいろあります。

 

「認知症になったらどうしよう」「お金がなくなったらどうしよう」「子どもに何かあったら、自分はどうしたらいいのだ」。心配すれば限りがありません。世の中は危険に満ちているように感じます。それに対して自分は無力です。

 

こういう状態でも、人と会い、お喋りをして、子どもや友達に「何言っているの、大丈夫よ」「心配し過ぎよ。なんとかなるんだから」と言われれば、心が晴れたり、ストレスが解消できたりします。

 

喋ることがなくひとり暮らしで閉じこもっていると、不安が離れず抑うつ状態になりやすいのです。

 

認知症とうつ病の初期の状態は似ているところがあり、専門医が検査しながら判別しますが、私は認知症よりうつ病のほうが怖いと思っています。

 

認知症の人は嫌なことを忘れて楽しそうな顔をしていることが多いものですが、うつ病の人は、自分はダメだとか人に迷惑をかけていると考えて本当につらそうにされているからです。

 

また、うつ病は心の風邪と言われますが、早期に治療しないで放っておくと治りづらくなります。高齢者の場合は、うつから脳の萎縮が強まり認知症になる場合があります。

 

なぜなら、不安が多いとそのことばかり考え、好奇心をなくしていくからです。脳細胞も使われないと機能低下をしていくでしょう。脳細胞が好きなのは、好奇心とわくわくすることなのです。

 

「不安」は老化を早めるだけで、なんの役にもたちません。

 

和田 秀樹
和田秀樹こころと体のクリニック 院長

 

 

↓コチラも読まれています 

「意欲の低下」は気持ちの問題でも年のせいでもないという理由

70歳でも若さを持続できる人と一気に衰える人の決定的な違い

若返るのではなく「死なない」だけ…「人生100年時代」の悲愴

寿命が伸び続けても「脳の老化は止められない」という怖い現実

弟の東大現役合格で確信!「受験は才能ではなくて要領である」

あなたにオススメのセミナー

    ルネクリニック東京院 院長

    1960年生まれ。
    東京大学医学部卒業。
    東京大学医学部附属病院精神神経科助手、アメリカカール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、「和田秀樹こころと体のクリニック」を開院。
    30年以上にわたって高齢者専門の精神科医として高齢者医療の現場に携わる。
    『自分が高齢になるということ』(新講社)、『年代別医学に正しい生き方 人生の未来予想図』(講談社)、『六十代と七十代 心と体の整え方』(バジリコ)、『「人生100年」老年格差』(詩想社)『70歳が老化の分かれ道』(詩想社)、『80歳の壁』(幻冬舎)など著書多数。

    著者紹介

    連載人生100年時代を豊かな心で健康に生き抜くための処方箋

    本連載は和田秀樹氏の著書『80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい』(廣済堂出版)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい

    80歳の超え方 老いは怖くないが、面倒くさい

    和田 秀樹

    廣済堂出版

    70代は人生の下り坂に差し掛かった時期。一気に滑り台のようにおりていくか、鼻歌でも歌いながら気長におりていくか……。80代、90代を迎える大事な時間である70代をいかに過ごすべきか。30年以上にわたり高齢者医療に携わって…

    アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

    アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉

    和田 秀樹

    大和書房

    親の言葉かけが、子どもを東大へ行かせます。 罰しても子どもは勉強しません。なぜなら自分に価値があると思うときに子どもは勇気を持てるからです。アドラーは親子関係を対等なものと考え、子どもが人生の課題に取り組み、乗…

    東大医学部

    東大医学部

    和田 秀樹 鳥集 徹

    ブックマン社

    灘高→東大理Ⅲ→東大医学部卒。それは、日本の偏差値トップの子どもだけが許された、誰もがうらやむ超・エリートコースである。しかし、東大医学部卒の医師が、名医や素晴らしい研究者となり、成功した人生を歩むとは限らない…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ