あなたはどう思う?…部下との信頼関係を築く効果的な質問方法 (※写真はイメージです/PIXTA)

意見を聞くことは、信頼関係構築のためにも、部下に成長してもらうためにも重要です。部下一人ひとりとの信頼関係が築けてきたら、「自分と部下」との信頼関係だけでなく、「メンバー全体」の相互的な信頼関係も築けるように働きかけることができます。エグゼクティブコーチの大平信孝氏が著書『部下は動かすな。』(すばる舎)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】希望日時で対応(平日のみ)
「日本一富裕層に詳しい税理士」による無料個別相談セミナー
富裕層の相続対策から税金対策の悩みを一挙解決!
詳しくはこちら>>>

「オープンクエスチョン」がチームの信頼関係を変える

信頼関係が築けていない組織の会話には共通点があります。

 

それは 「会話の多くがクローズドクエスチョンになっている」 ことです。

 

クローズドクエスチョンとは、「はい・いいえ」「AかB」で答えられるような、回答が限定される二者択一の質問です。

 

たとえば、「報告書は作成した?」「明日の朝までに資料準備できる?」「会議室の予約した?」など。

 

クローズドクエスチョンのメリットは、質問された部下は二択で答えればいいので答えやすく、上司としては確認事項があるときは端的に確認できます。

 

デメリットは、二者択一の回答で会話が完了してしまうので、会話が広がりにくいことです。さらに、部下によっては尋問されたように感じることもあります。

 

同じパターンの会話が繰り返され、機能する会話が圧倒的に不足していくのです。

 

部下やチームとの信頼関係を構築したい方は、意識的にオープンクエスチョンを使ってみてください。

 

オープンクエスチョンとは、部下が二者択一ではなく自由に答えられる質問です。

 

たとえば、

 

「あの提案書について、どう考えている?」
「どうすれば、もっと生産性が上がると思う?」
「昨日のプレゼンをやってみてどうだった?」

 

といった質問をしてみましょう。

 

オープンクエスチョンのメリットは、部下の思考を促せることです。部下が自分で考えることにより、気づきが生まれたり、理解が深まったりします。

 

ただし、ずっとオープンクエスチョンばかりを投げかけ続けると、部下にとって負担になってしまうので、適度に使うことをオススメします。

 

以前、研修を受けられたリーダーのなかには、部下の「意見を聞く」ことをあまりしてこなかった方もいました。その方に理由を伺うと、「自分の指示に反論されたら、どうしていいかわからない」という恐れがあったそうです。

 

もし、部下に意見を聞いてみて、自分と違う意見だったり、自分の意見に反論されたりしたら、どうすればいいのでしょうか?

 

まずは、「あなたは、そう考えたんだね」と否定せずに受け止めてください。

 

その上で、「よりよい方法や解決策」を一緒に考えていけばいいのです。

 

意見を聞くことは、信頼関係構築のためにも、部下に成長してもらうためにも重要です。

 

オープンクエスチョンをほとんど使ってこなかった方にオススメしている質問は、「あなたはどう思う?」「あなたの考えを聞かせて」です。

 

まずは、試してみてください。

 

ここまで、部下との信頼関係を築くコツをお伝えしました。部下一人ひとりとの信頼関係が築けてきたら、「自分と部下」との信頼関係だけでなく、「メンバー全体」の相互的な信頼関係も築けるように働きかけていきましょう。

 

部下との信頼関係が築けたら、「部下を知る」ステップに進んでください。

 

あなたにオススメのセミナー

    株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役

    中央大学卒業。長野県出身。脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。その卓越したアプローチによって、これまで1万5000人以上の課題を解決してきた他、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、経営者など各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出。現在は法人向けにチームマネジメント・セルフマネジメントに関する研修、講演、エグゼクティブコーチングを提供。これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。

    また、個人向けに「行動イノベーション年間プログラム」とオンラインサロンを主宰。「2030年までに次世代リーダーをサポートするプロコーチを1000人輩出し、日本を元気に! 」を目標に掲げ、プロコーチ養成スクール「NEXT」を開講。10冊の著作の累計発行部数は25万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。

    おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』(秀和システム・だいわ文庫)『指示待ち部下が自ら考え動き出す! 』(かんき出版)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房・だいわ文庫)『やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ』(かんき出版)などがある。

    著者紹介

    連載「部下は動かすな」行動させるプロが教える技術

    ※本連載は、大平信孝氏の書籍『部下は動かすな。』(すばる舎)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    部下は動かすな。

    部下は動かすな。

    大平 信孝

    すばる舎

    「部下が動いてくれない」「部下が一向に成長しない」「怒っても褒めてもうまくいかない」「チームが全然まとまらない」「リーダーとしての自信がない」… このような悩みを抱えるリーダーのあなたは、なんとかして部下・チ…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ