誰も簡単にできる!部下の行動力を引き出す「作戦会議」の効果 (※写真はイメージです/PIXTA)

現在地、目的地の2つのポイントが明確になったら、そのギャップをどんな手段で、どんなペースで進めていくかを明らかにします。このアクションプランも、最短ルートをさぐるというよりは「その人らしくラクに続くやり方」を見つけていくことがコツです。エグゼクティブコーチの大平信孝氏が著書『部下は動かすな。』(すばる舎)で解説します。

「現在地」と「目的地」をハッキリと認識する

■部下の行動力を引き出す「作戦会議」の3ステップ

 

部下に対して目的論的アプローチで接したいが、いつもの癖で気がつくと「なぜ?」「どうして?」と責めてしまうことがある、という相談を受けることがあります。そこで、ここでは、「目的論的」に接するための3ステップを紹介します。

 

紙を用意して部下に、今モヤモヤしている「テーマ」を書き出してもらいます。

 

たとえば、「新規案件について」「今月の売り上げについて」「後輩育成について」など、気になっているテーマをいくつか書き出します。それができたら、「今、一番気になっているテーマ」をひとつ、部下に選択してもらいます。

 

そして、

 

①「現在地」
②「目的地」
③「アクションプラン」

 

の順番で文字化していきます。

 

■すべては「現在地の把握」から

 

まずは、現在地を確認しましょう。「現在地を確認する」とは、「現在どんなことができていて、何が課題なのか」を把握することです。

 

具体的には、できているところと、できていないところに分ける。もしくは、数値目標に対する達成度合いを確認することです。

 

意外に思うかもしれませんが、「現在地」の把握ができていないケースは多いです。

 

「ゴールにたどり着くことのみに必死で、『現在地』という観点が欠けていました。しっかり認識します」といった感想をいただくことがあります。

 

現在地を把握していなかったり、認識にズレがあったりすると、「行動できない」「ズレた行動をしてしまう」「適切な行動がとれない」といったことが起こります。

 

ですから、部下の「現在地」を確認することがとても重要なのです。

 

この現在地を確認する際のポイントは、「必ず『できているところ』『うまくいっているところ』など、ポジティブな側面の確認から始める」ことです。

 

「できていないところ」「ダメなところ」など、ネガティブな項目の確認から始めると、自分を否定するスパイラルに入ってしまい、クリエイティブな思考ができなくなります。

 

■目的地は「したい論」で考える

 

次に、テーマについての「目的地」を明らかにします。

 

「△△のテーマについて、本当はどうしたい?」と考え、理想の状態を文字化していきます。

 

その際、「すべき論」を「したい論」にシフトさせることが重要です。

 

「こうすべき」という頭の声のボリュームを下げて、「本当はこうしたい」という心の声に耳をすませ、それらを文字化していきます。

 

部下の本音ベースの理想を文字化できれば、そこに行き着きたい、そのゴールイメージを「味わいたい」と行動スイッチも入ります。

 

よりゴールイメージを具体化するためには、「いつまでに」という期日を明確化するのもオススメです。

 

オンライン開催】10/26(水)開催決定
年収2000万円以上の方限定、フルローンも可能!

「中古アパート」を活用した短期「減価償却」節税を実現
「Antique Apartment」新商品紹介&活用セミナー >>>>

あなたにオススメのセミナー

    株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役

    中央大学卒業。長野県出身。脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。その卓越したアプローチによって、これまで1万5000人以上の課題を解決してきた他、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、経営者など各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出。現在は法人向けにチームマネジメント・セルフマネジメントに関する研修、講演、エグゼクティブコーチングを提供。これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。

    また、個人向けに「行動イノベーション年間プログラム」とオンラインサロンを主宰。「2030年までに次世代リーダーをサポートするプロコーチを1000人輩出し、日本を元気に! 」を目標に掲げ、プロコーチ養成スクール「NEXT」を開講。10冊の著作の累計発行部数は25万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。

    おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』(秀和システム・だいわ文庫)『指示待ち部下が自ら考え動き出す! 』(かんき出版)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房・だいわ文庫)『やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ』(かんき出版)などがある。

    著者紹介

    連載「部下は動かすな」行動させるプロが教える技術

    ※本連載は、大平信孝氏の書籍『部下は動かすな。』(すばる舎)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    部下は動かすな。

    部下は動かすな。

    大平 信孝

    すばる舎

    「部下が動いてくれない」「部下が一向に成長しない」「怒っても褒めてもうまくいかない」「チームが全然まとまらない」「リーダーとしての自信がない」… このような悩みを抱えるリーダーのあなたは、なんとかして部下・チ…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ