不動産投資の出口戦略?…最後まで持ち続けるのが正解なワケ

ローンを活用して不動産を増やしていくとしても、目指すゴールは借金ゼロの純資産家です。そして、手元に残った家賃収入をあなた自身のために存分に使うことです。24,000戸以上を管理する不動産会社の代表の重吉勉氏が著書『不動産投資が気になったらはじめに読む本』(金風舎)で明らかにします。

最終ゴールは無借金経営、本当の資産家

物件を増やすために家賃収入を次の物件のローン返済に充てていると、いつまでたっても家賃を使うことはできません。ローンを利用して不動産を増やしていくとしても、目指すゴールは借金ゼロです。そして、手元に残った家賃収入をあなた自身のために存分に使っていただきたいと思います。

 

世間では1億円を超えるような借金をして1棟アパートや1棟マンションへ投資する人もいますが、こうした投資手法をあなたにはおすすめしません。資産があるといっても、同じだけの負債がある状態では、資産家とは言えません。資産から負債を差し引いた純資産がどれだけあるかで、真の資産家であるかどうかがわかるのです。

 

1棟アパート・マンションに投資して、手取りで毎月数十万円の家賃が入ってくるといっても、多額の借金があったら安心できません。もし、空室が長期間埋まらなかったどうなるのでしょう。滞納が起きたら? 周辺に新しいマンションができたり、大学が移転したりしたら、莫大な借金を抱えて返済していくことができるでしょうか。

 

それでもローンの返済は待ってはくれません。だからこそ、あなたにはそんな多額の借金を抱える1棟アパートではなく、借金のコントロールをしながら安全に資産を増やしていけるワンルームがおすすめです。そして、借金をどんどん繰上げ返済してもらい、純資産家を目指していただきたいのです。

 

■不動産投資の出口戦略は最後まで持ち続けること

 

不動産の増やし方にお話をしていると、「増やし方はわかったから、出口戦略についても教えてほしい」という声をいただくことがあります。わたしはいつもお客さまには「不動産は最後まで持ち続けてください」とお伝えしています。やむを得ずお金が必要なときには東京の中古ワンルームであれば素早く売却して現金化できますが、利益の最大化を目指すなら、最後まで持つことをおすすめします。

 

ローンを返済し終わったあとに入ってくる家賃収入はすべてあなたの利益になります。

 

そのために繰上げ返済をすすめてきたのに、なぜ売る必要があるのでしょうか。また、仮に購入した金額よりも高く物件が売れたとして、そのお金を次はどこに投資するのでしょう? 物件が高く売れたということは、不動産全般の価格もあがっているということです。

 

購入当時と同じような利回りの物件を購入することはできないでしょう。お金を手元に置いておくだけでは、利益を生むことはありません。

 

そして、現在所有している不動産以上に安定した収益を生む投資先がない以上、売る理由もないはずです。家賃収入という金の卵を産んでくれる鶏は、決して手放してはいけません。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

株式会社日本財託 代表取締役社長

1962年生まれ。石川県小松市出身。早稲田大学社会学部中退。
1990年、株式会社日本財託を設立するが、まもなくバブル景気が崩壊。それまで羽振りのよかった不動産会社が次々と倒産。地獄のような苦しみを味わうなか「生き残るには地道な固定収入が大切だ」と気づき、「不動産業の原点は管理業だ」と確信する。
31年間の賃貸経営サポート業務を通じ、失敗した人を多く見たこと、そして自分自身もバブル崩壊で失敗した苦い経験があることなどから「失敗しないための不動産投資法」などのセミナー活動を積極的に行う。「管理を通じてお客様と一生涯のお付き合い」を経営理念として、日本で最も信頼される不動産会社を目指している。
著書に『中古ワンルームマンションで収益を上げる!』『東京の中古ワンルームを3戸持ちなさい』『中古ワンルームは「東京23区」を買いなさい!』『中古ワンルーム2戸からはじめる家賃40万円稼ぐ黄金の法則』『今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!』『低金利時代の不動産投資で成功する人 失敗する人』(いずれもかんき出版)がある。
2021年8月末現在、オーナー数は8,677名、24,341戸を管理。年間平均入居率98%という、他社には類を見ない高い入居率を維持している。

日本財託グループ
http://www.nihonzaitaku.co.jp/

著者紹介

連載サラリーマンがはじめての「不動産投資」で成功するノウハウ

本連載は重吉勉氏の著書『不動産投資が気になったらはじめに読む本』(金風舎)から一部を抜粋し、再編集したものです。

不動産投資が気になったらはじめに読む本

不動産投資が気になったらはじめに読む本

重吉 勉

金風舎

不動産投資から得られる家賃収入は、あなたに人生の選択肢を増やしてくれます。 不動産投資で失敗しない物件選びからリスクとその解決法、購入後の賃貸管理と効率の良い物件の増やし方までを、具体的かつ再現可能な方法でご紹…

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

重吉 勉

かんき出版

空前の低金利で不動産投資がブームになっています。なかには、頭金ゼロを謳っている投資会社も。 でも、本当に今借金しても大丈夫なのでしょうか。頭金ゼロで何億円もの資産をつくった人の将来は安全なのでしょうか? 本書は…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ