「彼の命は卒業まではもたない」…胃がん大学生の歯科矯正を引き受けたワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

歯列矯正の「治療期間の短縮」を模索し始めた歯科医師の前に一人の患者が現れました。「なるべく早く治療を終えよう」と、必死の思いである患者に向き合ったといいます。歯科医師の成田信一氏が著書『自分で考え、やり抜く子の育て方』(プレジデント社)で解説します。

【関連記事】40代で「余命1年」と宣告され、急死した男性…家族写真の裏に書けなかった“4文字”【医師の実録】

胃がん患者が矯正治療にやってきた

■一人の学生患者さんとの出会い

 

1999年に開業した私は、しばらくは一般的な矯正治療をしていましたが、2004年くらいから「短期間の治療」を模索し始めました。

 

そして「より短い期間で、よりクオリティの高い矯正治療を」という思いを強くするきっかけとなったのが、ある大学生との出会いです。

 

2006年の秋、千葉で診療している先輩矯正歯科医から、一人の男子学生を紹介されました。彼の住まいが私の医院の近所だったのです。実は、彼はスキルス胃がんの治療を終えたばかりで、私のところであればラクに通院できるということでした。

 

当時大学1年生だった彼ががんの手術を受けたのは都内にある大病院だったというので、私はその担当医に確認を取ったところ、「彼の命は卒業まではもたない」とのことでした。であれば、できるだけ早く治療してあげなくてはなりません。

 

実は当時、私の中では、引き受けてよいのかという葛藤がありました。確かに治療期間を短くする研究はしているけれども、当時はその手法が確立していたわけではありません。実際どのくらいの期間になるか確証も持てません。

 

意を決して引き受けることにしましたが、従来型の治療で2~3年かかっていたら、彼は残りの人生のほとんどを、矯正装置をつけて過ごすことになってしまいます。ですから、「なるべく早く治療を終えよう」と、必死の思いで彼に向き合いました。

 

毎月1回、来院してもらい処置をするのですが、私の勉強不足もあり、今考えると、大したことはできていなかったと思います。「治療期間を短くしなくては」との気持ちは常に持ち続けていました。

 

現在は、JETsystem という私が開発した短期間での治療を可能にする治療法がありますが、当時はまだ開発途上で、いろいろと試行錯誤を続けました。それまでの患者さんで効果があったことを試しながらも、その治療が彼に本当によいのかもわかりませんでした。

 

しかし幸いなことに、3カ月目くらいに行った「顎間ゴム」という、歯の上下にゴムをかける方法が彼に合うことがわかりました。俄然経過がよくなり、1年ほどできれいな歯並びになったのです。

 

一般の方が見れば支障がないところまできたので、彼の余命を考え、その年の年末に装置を外しました。「笑うと八重歯が牙みたいになって嫌だったので、自然に笑えてうれしい」と本人も喜んでくれました。とても素直な好青年でしたから、私としても元気なうちに治療を終えられ、なんとか新しい年に矯正が間に合ったことに安堵しました。

 

彼が1年程度で装置を外すことができたのだから、他の患者さんでも外れるかなと思い、その後も治療を重ねていきましたが、全然外すことができず、彼がどうして早く治ったのかは、よくわかりませんでした。

 

そして、2009年7月にその男子学生の症例について学会発表したところ、「その症例、きちんと治っていないのではないか」「そんなに早く外していいのか」など散々に言われ、さすがの私もだいぶへこみました。

 

精神的な苦痛も伴い、「そうまでして、短期間での治療を追求する必要はないのではないか。従来の方法のままでいいのではないか」と、思い詰めるようになりました。そんなさなか、翌月の8月でしたが、男子学生のお母さんから手紙が届きました。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/18(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

自由が丘矯正歯科クリニック院長
歯学博士

1965年神奈川県生まれ。神奈川県立湘南高等学校卒業、東京医科歯科大学歯学部卒業、歯科医師免許取得、東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第1講座入局。同大学大学院博士過程修了、東京医科歯科大学歯学部付属病院第1矯正科勤務。
1999年、東京・自由が丘に自由が丘矯正歯科クリニックを開設し院長に就任。「矯正治療は時間がかかる」という固定観念を根底から見直し、治療期間の短縮と痛みの軽減を追求したJETsystemを構築し、年々改良を重ねている。
クリニック経営と並行して、JETsystemの普及を目指し、JETsystemの研究会を主宰。日本矯正歯科学会正会員、アメリカ矯正歯科学会国際会員、東京矯正歯科学会正会員、顎変形症学会正会員。2005年以降、日本矯正歯科学会大会、東京矯正歯科学会大会などで、矯正治療システムや症例発表を積極的に行う。
3児の父として、自身の子どもを含め、日本の子どもたちが世界と対等に戦うことができる力を身につけてほしいと願い、子どもの人間性を育て、自立を促していくべく日々、情報を収集している。

著者紹介

連載「自分の力で生きていける力」を身につける方法

※本連載は成田信一氏の著書『自分で考え、やり抜く子の育て方』(プレジデント社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

自分で考え、やり抜く子の育て方

自分で考え、やり抜く子の育て方

成田 信一

プレジデント社

今、日本も世界も激動の時代の真っ只中にあります。2020年以降、新型コロナウイルスの影響でどの国も鎖国に近い状態が続きましたが、落ち着きを取り戻す頃には、グローバル化の波がこれまで以上に強くやってくることになると予…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ