「自分の声を聞く」ことは自分の望み通り行動することではない (※写真はイメージです/PIXTA)

「わかっているようでいて、なかなかわからない」のが自分自身です。特に、リーダーは自分の価値観や判断よりも、会社やチームの利益、ニーズ、判断などを優先せざるを得ないこともあります。どうすれば自分を深く知ることができるのでしょうか。エグゼクティブコーチの大平信孝氏が著書『部下は動かすな。』(すばる舎)で解説します。

【関連記事】「部下は動かすな」…上司、リーダーの本当の役割とは?

自分を深く知るために「欲望」を知る

▶「3つの声」を聞き分ける―自分を「深く」知る

自分の「過去」と「現在」がわかったら、「未来」も知りたくなる方が多いでしょう。しかし、まずは自分を一段「深く」知ることに時間を使ってください。

 

私自身もそうですが、「わかっているようで、なかなかわからない」のが自分自身というものです。

 

特に、リーダーは自分の価値観や判断よりも、会社やチームの利益、ニーズ、判断などを優先せざるを得ないこともあります。

 

そういった状況が続いて自分の価値観や判断をないがしろにし続けると、「自分を深く知る」ことが難しくなっていきます。

 

そうなると、自分の思いやニーズ、本音を無視して、「やるべきこと」を必死に機械的にこなすだけになっていきます。

 

自分と向き合わずにいたら、いつまでたっても「自分を深く知る」ことはもちろん、部下についても表面的な理解しかすることができません。

 

では、どうしたら、「自分を深く知る」ことができるようになるのでしょうか?

 

■自分を深く知るために「欲望」を知る

 

自分を深く知るためには、自分の「欲望」を知ってください。

 

ここで、「1分間セルフトーク」の出番です。

 

「1分間セルフトーク」とは、「本当はどうしたい?」と、自分自身にシンプルに問いかける手法です。具体的な内容をお伝えします。

 

まずは、「本当はどうしたい?」と自分自身に問いかけてみてください。

 

自分の本当の「欲望」を知ってほしいからです。

 

人は、自分が本当にやりたいことならいくらでも頑張れる、続けられる、成長できるという性質を持っています。

 

もしかしたら、「欲望」というギラギラ・ドロドロしたものを知っても、自分を知ったことにはならないのではと、疑問に思った方もいるかもしれません。

 

私がここでいう「欲望」とは、心の奥底にある純粋な思い、心を揺さぶるような「希望・期待・願望」のことです。

 

誰でも、小さい頃は自分の欲望を知っていました。

 

「社長になりたい」「ケーキ屋さんになりたい」「海外で暮らしたい」「大金持ちになりたい」「電車の運転手になりたい」……。

 

こうした小さい頃に描いた夢や目標は、いつの間にかしぼみ、あきらめ、忘れ去られていったのです。

 

いきなり「あなたの欲望は?」と、聞かれても、戸惑うだけで、答えなど出てこないという方もいるでしょう。

 

そこで、内なる欲望を顕在化させる方法をお伝えします。

 

私は、「欲望=頭の声、体の声、心の声」と捉えています。この3つの声を別々に感じ取りながら「本当はどうしたい?」と自分に問いかけることで、自然と欲望が明確になっていきます。

 

・頭の声……普段考えていること
「しなければならない」「すべき」といった義務感や責任感、義理など。

 

・体の声……体の状態やコンディション
「肩が凝っている、喉が痛い、眠い、体が軽い、頭がすっきり」など。

 

・心の声……感じていること、気持ち
「したい」「欲しい」という欲求など。

 

私たちの日常では、これらの3つの声が混在し、ひとつの声だけしか聞いていないことが多いのです。

 

たとえば、なかなか動けないという場合は、「頭の声」だけを聞いていることが多いのです。あるいは、「体の声」を無視して、肉体を酷使していたりします。

 

そういうときこそ、「体の声」と「心の声」に耳を傾けることが重要です。

 

リーダーは、「やらなければならない」という責任感や義務感から、「心の声」や「体の声」に蓋ふたをして、「頭の声」だけを聞いてしまっていることがあります。

 

「心の声」と「体の声」を聞くためには、まずは「3つの声を分けて聞く」ことから、始めましょう。

 

株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役

中央大学卒業。長野県出身。脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。その卓越したアプローチによって、これまで1万5000人以上の課題を解決してきた他、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、経営者など各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出。現在は法人向けにチームマネジメント・セルフマネジメントに関する研修、講演、エグゼクティブコーチングを提供。これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。

また、個人向けに「行動イノベーション年間プログラム」とオンラインサロンを主宰。「2030年までに次世代リーダーをサポートするプロコーチを1000人輩出し、日本を元気に! 」を目標に掲げ、プロコーチ養成スクール「NEXT」を開講。10冊の著作の累計発行部数は25万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。

おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』(秀和システム・だいわ文庫)『指示待ち部下が自ら考え動き出す! 』(かんき出版)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房・だいわ文庫)『やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ』(かんき出版)などがある。

著者紹介

連載「部下は動かすな」行動させるプロが教える技術

※本連載は、大平信孝氏の書籍『部下は動かすな。』(すばる舎)から一部を抜粋し、再編集したものです。

部下は動かすな。

部下は動かすな。

大平 信孝

すばる舎

「部下が動いてくれない」「部下が一向に成長しない」「怒っても褒めてもうまくいかない」「チームが全然まとまらない」「リーダーとしての自信がない」… このような悩みを抱えるリーダーのあなたは、なんとかして部下・チ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ