中途半端な目標とぶっとんだ目標、どっちが実現しやすいのか (※写真はイメージです/PIXTA)

あなたが心底実現したいと思える「ぶっとんだ目標」を明確にすると、その目標に引き込まれていきます。未来に引っ張られるので予定調和の日常から抜け出せます。積極的に行動してしまうので、夢や目標が次々と実現してしまいます。エグゼクティブコーチの大平信孝氏が著書『部下は動かすな。』(すばる舎)で解説します。

【関連記事】「部下は動かすな」…上司、リーダーの本当の役割とは?

「ぶっとんだ目標」が自分の「未来」が変わる

ここまで読んでくださった方は、自分の「過去」と「現在」、そして自分の「欲望」をある程度知ることができたでしょう。

 

最後に、自分の「未来」を知る方法をお伝えします。

 

もしかすると「未来のことなんて誰もわからないのだから、『未来の自分』を知ることなんて不可能だし、非現実的だ」と考えた方もいるかもしれません。

 

確かに、未来は不確実です。だからといって、未来の自分を知ることが不可能というわけではありません。

 

私は、自分の行きたい未来を知ることが、「未来の自分を知る」ことだと捉えています。つまり、「自分はこうなりたい」「こういう人生を送りたい」「こういう仕事をしたい」「こういう人になりたい」という目標が明確になればいいのです。

 

自分の「行きたい未来」を明確にするためにも、「ぶっとんだ目標」をたててみてください。

 

■「ぶっとんだ目標」が未来を変える

 

「ぶっとんだ目標」とは、あなたが心底実現したいと思える目標のことです。

 

ですから「ぶっとんだ目標」は、会社から与えられる数値目標ではありません。

 

また、すぐに達成できそうな目標では、私たちは引き込まれません。現実的な目標というのは、「予定」にすぎません。いい映画を観るとその映画の世界に没入してしまうのと同じように、「ぶっとんだ目標」ができると、その目標に引き込まれてしまうのです。

 

「ぶっとんだ目標」を明確にするメリットは、「自分の未来を知る」こと以外にも2つあります。

 

ひとつ目のメリットは、「その気」になり、行動力が上がること。

 

「やる気」は上がり下がりしますが、一度「その気」になった人を止めるのは、ほぼ不可能です。心がワクワクするような「ぶっとんだ目標」をたてると、「その気」になります。

 

すると、たとえ周りから反対されても、邪魔が入っても、困難な状況に直面しても、勝手に動ける自分になってしまいます。

 

それだけでなく、毎日が充実して楽しくなり、日々見えるもの、生きている世界が変わってきます。

 

もしまだ「その気」になっていないとしても大丈夫。それは、どうしても行きつきたい未来がまだ見つかっていないだけだからです。

 

未来に向けた「ぶっとんだ目標」をたてる。そうすることで、イヤイヤしていたことですら、ワクワクに変わります。仕事も日常も劇的に変わっていきます。

 

すると、部下もあなたの指さした未来に引っ張られていきます。リーダーに必要なのは、部下を動かす技術ではなく、「希望の未来」に指をさし続けることです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5/18(水)開催
保有不動産の「価値」を向上させる最適な提案!
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…「資産活用セミナー」

株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役

中央大学卒業。長野県出身。脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。その卓越したアプローチによって、これまで1万5000人以上の課題を解決してきた他、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、経営者など各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出。現在は法人向けにチームマネジメント・セルフマネジメントに関する研修、講演、エグゼクティブコーチングを提供。これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。

また、個人向けに「行動イノベーション年間プログラム」とオンラインサロンを主宰。「2030年までに次世代リーダーをサポートするプロコーチを1000人輩出し、日本を元気に! 」を目標に掲げ、プロコーチ養成スクール「NEXT」を開講。10冊の著作の累計発行部数は25万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。

おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』(秀和システム・だいわ文庫)『指示待ち部下が自ら考え動き出す! 』(かんき出版)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房・だいわ文庫)『やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ』(かんき出版)などがある。

著者紹介

連載「部下は動かすな」行動させるプロが教える技術

※本連載は、大平信孝氏の書籍『部下は動かすな。』(すばる舎)から一部を抜粋し、再編集したものです。

部下は動かすな。

部下は動かすな。

大平 信孝

すばる舎

「部下が動いてくれない」「部下が一向に成長しない」「怒っても褒めてもうまくいかない」「チームが全然まとまらない」「リーダーとしての自信がない」… このような悩みを抱えるリーダーのあなたは、なんとかして部下・チ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ