「部下は動かすな」…上司、リーダーの本当の役割とは? (※写真はイメージです/PIXTA)

これまで1万5000人のリーダーやビジネスパーソン、会社組織に対して研修やコーチングを行ってきたエグゼクティブコーチがいます。一人ひとりから話を聞き、悩みや思いに寄り添い伴走してきて、十数年にわたり仕事をし続けてきたひとつの結論が、「部下は無理やり動かしてはいけない」というものだいいます。エグゼクティブコーチの大平信孝氏が著書『部下は動かすな。』(すばる舎)で明らかにします。

【関連記事】「とにかくやれ」「だまってやれ」と部下に命令する上司の末路

自ら勝手に動き出す部下やチームが強い

「部下は動かすな」

 

このタイトルを見て、どう思われたでしょうか。

 

「部下を動かすのが上司、リーダーの仕事なのでは?」
「部下が主体的に動かないから、指示命令して動かさざるを得ないんだけど……」

 

このように思われた方もいるかもしれません。

 

この本は、何もただの逆張りをしたかったわけではありません。

 

私はこれまで1万5000人のリーダーやビジネスパーソン、会社組織に対して研修やコーチングを行ってきました。一人ひとりから話を聞き、悩みや思いに寄り添い伴走してきました。

 

十数年にわたりこの仕事をし続けてきた私のひとつの結論が、「部下は無理やり動かしてはいけない」というものです。

 

あなたがリーダーであれば、次のような悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

・自分の指示や思いが伝わらない
・部下が何を考えているかわからない
・「受け身の姿勢」や「主体性のなさ」にイライラする
・自分で考えずに、すぐに答えを聞いてくる
・部下同士の仲が悪く、チームとしてまとまりがない
・自身のリーダーシップに自信が持てない
・性格的にリーダーに向いていない気がする
・プレイヤーとしての仕事に忙殺されて、リーダーの仕事が後回しになっている

 

そんな悩みを抱えているリーダーに、この連載を読んでいただきたい。

 

■部下が動いてくれる人、動いてくれない人

 

「なぜ部下を動かしてはいけないのか」については詳しくお伝えしますが、端的にいえば、「部下を動かそう」「チームを変えよう」とすればするほど、うまくいかなくなるケースが多いからです。

 

・ビジネス書で書かれているマネジメントのやり方を真似する
・できていないこと、改善すべきところを見つけて指摘する
・叱咤激励をしてモチベーションを高める
・より具体的に指示命令をする

 

これらは一見、部下を動かすいい方法に思えるかもしれません。実際、動かない部下やモチベーションの上がらない部下、まとまらないチームを指揮している方であれば、取り入れたことがあるのではないでしょうか。

 

しかしこれらは一時的な改善はできても、本質的には変わりません。そして何より、部下が育ち、チームが強くなることはなく、同じ状況が続くことになってしまいます。

 

なぜなら、「会社や上司が言ったから動く」ではチームは強くならないからです。そうではなく、自ら勝手に動き出す部下、チームが一番強いのです。

 

「部下を動かす方法」を色々考え実行したところでうまくいかないのは、実のところ、一番大事な「ある視点」が欠けているからです。

 

それは 「あなたは誰か?」 という視点です。

 

「何をするかではない、誰とやるかだ」というフレーズを耳にしたことがありますか。

 

確かに、仕事でもプライベートなことでも「何を」「どのようにやるか」も大切です。でも、決定的な違いが出るのは「誰とやるか」です。

 

ただこの言葉は、誰とやるのかを「自分が選ぶ」という前提に立っています。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】7/9(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役

中央大学卒業。長野県出身。脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。その卓越したアプローチによって、これまで1万5000人以上の課題を解決してきた他、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、経営者など各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出。現在は法人向けにチームマネジメント・セルフマネジメントに関する研修、講演、エグゼクティブコーチングを提供。これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。

また、個人向けに「行動イノベーション年間プログラム」とオンラインサロンを主宰。「2030年までに次世代リーダーをサポートするプロコーチを1000人輩出し、日本を元気に! 」を目標に掲げ、プロコーチ養成スクール「NEXT」を開講。10冊の著作の累計発行部数は25万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。

おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』(秀和システム・だいわ文庫)『指示待ち部下が自ら考え動き出す! 』(かんき出版)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房・だいわ文庫)『やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ』(かんき出版)などがある。

著者紹介

連載「部下は動かすな」行動させるプロが教える技術

※本連載は、大平信孝氏の書籍『部下は動かすな。』(すばる舎)から一部を抜粋し、再編集したものです。

部下は動かすな。

部下は動かすな。

大平 信孝

すばる舎

「部下が動いてくれない」「部下が一向に成長しない」「怒っても褒めてもうまくいかない」「チームが全然まとまらない」「リーダーとしての自信がない」… このような悩みを抱えるリーダーのあなたは、なんとかして部下・チ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ