「なぜそんなバカなことをしたんだ!」感情的に怒りがちなのは〈しくじり経験の少ない人〉が多い

会社員なら、後輩や部下の指導を任されることは多いもの。しかし、相手が思うように覚えてくれない・動いてくれないとなれば、思わずカッと感情的になってしまうこともあるでしょう。しかし、怒りを相手にぶつけても、生産性が上がらないどころか、相手が心を閉ざす原因に…。脳神経外科医として活躍する筆者が、医師ならではの冷静な視点で、感情のコントロールの重要性を解説します。

失敗した人は自分の言い分を主張したくても、心情的に言い出しにくいということもありますので、相手が失敗したときこそよく耳を傾けることが大事です。威圧的な態度をとると言葉が出てきませんから、聞く側は「傾聴」を越えた「敬聴」くらいの気持ちでいることが大事なのです。

激しい怒りを感じたら、その場を離れ「クールダウン」

誰かが失敗したときというのは、ただでさえ現場も混乱していますから、「敬聴」するのは難しいと感じるかもしれません。人間ですから、ショックを感じた瞬間に怒りも感じてしまうのは仕方ないと思います。

 

だからこそ、それをコントロールする方法を身につけておかなければなりません。

 

6秒間待てば怒りが鎮まるなどといいますが、脳神経外科医からすると、怒っているときは脳の血流量が上がっている状態ですから、6秒待つくらいでは鎮まりません。

 

僕なら、まずはその場を離れて1回クールダウンさせます。

 

自分が失敗してショックを受けたときはまずは落ちつくことを考えるというのと同じことで、ヒアリングをする側もまず落ちつくことが大事です。

 

起こった失敗やトラブルに対して、とりあえずの対処をしたあとは少し時間をおき、当事者から「なぜそうなったのか」という言い分をじっくり聞くのです。

 

誰しもトラブルがあったときには感情的になってしまうのは仕方がないことですから、冷静になってから一緒に問題の背景を探っていくのです。場合によっては、1日や2日など、ある程度時間をおいてからでもいいと思います。

 

上に立つ人は、普段から「叱り」と「怒り」を混同させないように気をつけないといけません。

 

「怒る」というのは、自分の感情に任せて怒りを相手にぶつけることです。一方「叱る」というのは、自分の感情をコントロールしたうえで相手のためになるように注意することです。

 

怒られるのは誰でも嫌なことだと感じますが、叱られることは決して悪いことではないのです。

 

松下幸之助氏は「叱ってくれる人を持つことは大きな幸福である」(※)と言いましたが、僕も親や上司から叱られて成長してきました(なかには怒るばかりの上司もいましたが……)。

 

※『松下幸之助「一日一話」仕事の知恵・人生の知恵』PHP総合研究所編著 PHP文庫

 

相手はこちらがもっと良くなることを望んで注意を向けてくれているのですから、自分にとって必要なことだったと思っています。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

医師
脳神経外科東横浜病院 副院長 

2001年、東京慈恵会医科大学を卒業、2005年、厚木市立病院勤務。
その後、独立行政法人国立病院機構横浜医療センター勤務を経て2012年、東京慈恵会医科大学脳神経外科学講座助教。
2015年、同大学同講座 講師・診療医長。2018年、医療法人社団のう救会 脳神経外科東横浜病院 副院長になる。

著者紹介

連載脳神経外科医が優しく教える、人生を成功に導く「しくじり」のすすめ

人生を成功に導く「しくじり」のススメ

人生を成功に導く「しくじり」のススメ

郭 樟吾

幻冬舎メディアコンサルティング

イライラを家族や友人にぶつけて雰囲気を悪くしてしまった、試験やプレゼンの準備が不十分なまま当日を迎えて慌てることになった、など日常での小さな失敗は誰にでも起こり得ることです。 失敗と聞くとネガティブなイメージが…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ