低価格帯の老人ホーム「生活保護受給者歓迎です」の本当の理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

「生活保護受給者で要介護3以上の入居者が欲しい」――。多くの低価格帯の老人ホーム運営業者はこう本音をもらします。それはなぜでしょうか。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者の小嶋勝利氏が著書『間違いだらけの老人ホーム選び』(プレジデント社刊)で、老人ホームが歓迎する入居者の条件を解説します。

あなたにオススメのセミナー

    「お金」の最新情報をチェック!メルマガ登録はこちらから

    親の老人ホームを適当に決める子どもたち

    多くの子世代は、短時間で雑に、適当に親の老人ホームを決めてしまいます。時間軸でいうと、老人ホームを探す行動に着手した時点から最長でも3カ月です。多くは1カ月程度で決めてしまいます。ここで自覚しなければならないことは、何も知らないことを1カ月程度で決めてしまうということです。

     

    よく考えてみてください。たとえば自宅を購入したり、借りたりするのとはわけが違います。自宅の場合、多くの人は、生まれてから今に至るまで、何らかの方法で「家」に住んでいます。

     

    つまり、「家」に住むという行為は、継続して経験、体験している行為です。だから短期間で決めても問題はありません。なにしろ、熟知していることですから。

     

    しかし、老人ホームに住んだことのある子世代は皆無です。入居予定者の親の場合でも、そのほとんどは皆無です。まれに、今住んでいる老人ホームから他の老人ホームに引っ越しを希望するケースもありますが、現時点では、レアケースです。

     

    みなさんは、未経験、未体験のことを1カ月程度で決めてしまう事実に対し、危うさを感じませんか? もちろん、中には、用意周到、徹底的なリサーチのもと、抜かりなく入居をさせている子世代もいなくはありませんが、あまりお目にかかるケースではありません。

     

    そして、多くの場合、入居させたことに対し、後悔と憤り、そして〝こんなはずではなかった〟という違和感を持ちながら、日々生活を送っているのです。

     

    私の経験上、親と子供の関係上でベストな方法は、老人ホームに入居させた以上、ホーム側に全面的に「任せる」ということが、結果として、関係者全員にとって、良いように思えます。つまり、老人ホームに対し「性善説」で対応するということです。ただし、この場合は、入居前にしっかりと老人ホームに対するリサーチが必要になるということになりますが……。

     

    老人ホームに親を入居させ、身元引受人になった子世代は、この瞬間からある意味、親の保護者になります。老人ホーム内で起きた出来事に対し、報告を受ける権利を有し、疑念があれば回答を求めることができます。

     

    幼稚園や小学校と同じです。毎年、運営懇談会と称する保護者会が開催され、会社やホームの運営方針の説明を受けたり、ホーム側に要望を出したりと、会社の株主総会や国会の委員会活動のようなイメージです。ある意味、民主的な運営をしていると思いますが、人によっては「煩わずらわしい」「めんどうくさい」と感じる人も少なくありません。

     

    ちなみに、このような運営会議への家族の参加率は、高級ホームと言われているホームのほうが、家族の参加率は高いように思います。私の考えでは、高級ホームでは、運営懇談会に参加すること自体が、子供世代にとって親に対する忠義忠誠の証のようなものなので、参加することも仕事のうちだ、ということだと考えます。

     

    さらに、こうも考えられます。身元保証人である自分が、ホーム運営について〝気にしている〟ということをホーム側に自覚させることで、ホーム側が自分の親を軽視できなくなる、ということなのでしょう。まったくその通りです。ホーム長や介護職員からすると、毎回、欠かさず運営懇談会に参加し、意見を言う家族は、当然、目にとめています。いわゆる「モノ言う株主ならぬ、モノ言う家族」というやつです。

     

    理解がしやすいように、次のような話を記しておきますので、みなさんもご自身でよく考えてみてください。

     

    あなたにオススメのセミナー

      株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

      (株)ASFON TRUST NETWORK常務取締役。1965年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、不動産開発会社勤務を経て日本シルバーサービスに入社。介護付き有料老人ホーム「桜湯園」で介護職、施設長、施設開発企画業務に従事する。2006年に退職後、同社の元社員らと有料老人ホームのコンサルティング会社ASFONを設立。2010年、有料老人ホーム等の紹介センター大手「みんかい」をグループ化し、入居者ニーズに合った老人ホームの紹介に加えて、首都圏を中心に複数のホームで運営コンサルティングを行っている。老人ホームの現状と課題を知り尽くし、数多くの講演を通じて、施設の真の姿を伝え続けている。

      著者紹介

      連載失敗しない「老人ホーム選び」の鉄則

      ※本連載は小嶋勝利氏の著書『間違いだらけの老人ホーム選び』(プレジデント社刊)から一部を抜粋し、再編集したものです。

      間違いだらけの老人ホーム選び

      間違いだらけの老人ホーム選び

      小嶋 勝利

      プレジデント社

      親の資産が潤沢にあれば、希望する老人ホームに入ってもらって楽になれます。しかし現実は厳しく、親の年金額内で賄える老人ホームを探すしかありません。 「介護の沙汰も金次第」。けれども、たやすく金を貯めることも、手に…

      親を大切に考える子世代のための老人ホームのお金と探し方

      親を大切に考える子世代のための老人ホームのお金と探し方

      小嶋 勝利

      日経BP

      老人ホームを探す子世代に向けて、老人ホームの特徴をタイプ別に解説し、親に合うホームの探し方を紹介。老人ホームの入居にかかる予算設定の仕方や老後資金の管理といったお金の話、ホーム生活の内幕も収録する。 お金で困ら…

      親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

      親を老人ホームに入れようと思った時に読む本

      小嶋 勝利

      海竜社

      老人ホーム探しの「主役」は、一体誰なのでしょうか?もちろん「入居者」である、と答える方がほとんどではないでしょうか。しかし、多くの場合、とくに要介護高齢者用の老人ホームの場合、主として探しているのは「家族」です…

      誰も書かなかった老人ホーム

      誰も書かなかった老人ホーム

      小嶋 勝利

      祥伝社新書

      老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

      老人ホーム リアルな暮らし

      老人ホーム リアルな暮らし

      小嶋 勝利

      祥伝社新書

      今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

      もはや老人はいらない!

      もはや老人はいらない!

      小嶋 勝利

      ビジネス社

      コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

      メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

      登録していただいた方の中から
      毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
      TOPへ