【医師の資産運用】51歳・勤務医、不動産投資で年間「480万円」の副収入 (※写真はイメージです/PIXTA)

現役でばりばり活躍してきた女性医師のなかには、ある程度の年齢になると家族との時間を大切にしたい、自分の人生を見つめ直したいという気持ちになる方もいるのではないでしょうか。西川さん (仮名)は、夫の早期退職を機に自身のキャリアやライフスタイルを見つめ直した一人。家計を支えつつ、夫と過ごす時間を増やすために、資産運用を始めたと言います。

【関連記事】年収1500万円前後だが…勤務医が「資産10億円」になれるワケ

キャリアを応援してくれた夫を、今度は自分が支えたい

***********************

【西川さん(仮名)のプロフィール】

年齢:51歳

所属:市中病院(勤務医)

専門(標榜科):胃腸内科

***********************

 

西川さん(仮名)は、会社員の夫と娘さんが2人の4人家族。これまで医師として働く彼女をご主人は応援してくれたそうです。お子さんが小さい頃は保育園への送り迎え、病気で学校を休んだときの面倒なども、率先して買って出てくれました。

 

ところがそのご主人が最近、会社の業績悪化や人間関係のこじれなどで追い詰められ、早期退職することに。その結果、今は西川さんが家計を支えています。

 

「これまで、仕事に育児に、自分なりに精一杯取り組んできたつもりだけど、振り返ってみるとそれも主人の支えがあったから。今、落ち込んでいる彼を見て、今度は自分が支えてあげないと、と思っているんです。それに、大学生の娘たちはいずれ、家を出て行くはず。家族一緒にいられる時間をもっと大事にしたいという気持ちも強くなりました。」

 

西川さんは現在、市中病院で胃腸内科の部長として勤務中。そのほか月30時間ほど当直などのアルバイトもして、教育費に充ててきました。

 

ただ、アルバイトをすれば収入は増えるものの、税金の負担も意外に重い。そもそも、体力の衰えも感じ始めている今日この頃。アルバイトを減らして、家族一緒の時間を増やしたいと思うのは当然でしょう。

お金も時間も手に入れるため、資産運用をスタート

問題はアルバイトを辞めるとその分、収入が減ってしまうこと。娘さんたちの教育費もあと2~3年はかかります。

 

「昔からうちの夫婦は質素な生活がモットー。コツコツ貯めてきた貯蓄や主人の退職金などで1億円近く金融資産があります。そのうち、子どもの教育費を除いた残りで、資産運用をしようと考えました。これまでとは発想を変え、貯めたお金に働いてもらおうということです。」

 

西川さん夫妻は外貨預金や株式投資、投資信託などいろいろ検討しましたが、最終的に選んだのは不動産投資でした。

 

投資スパンが長く、ミドルリスク・ミドルリターン、そして毎月の賃料収入と将来の売却時にはまとまったキャッシュも手元に残るという、バランスの良さが魅力的だったといいます。

 

具体的には、手始めに新築の区分ワンルームを2戸購入し、半年後にさらに地方で中古1棟マンションを購入。

 

区分ワンルームマンションは2400万円と2700万円。頭金として合計20万円を投入し、35年ローンを組みました。

 

1棟マンションは全部で40ある4億8000万円の物件。自己資金は750万円を入れ、30年ローンを組みました。自己資金を多めにしたので、ローンの審査はいずれもスムーズに通りました。

 

「実際に始めてみて実感したのは、中古1棟マンションのスケールメリット。区分ワンルームでのキャッシュフローは年間20万円ほどですが、1棟マンションでは年間460万円の手残りがあり、合計すれば480万円になります。」

 

こうしてアルバイトをする必要がほとんどなくなり、勤務先での当直の日以外は家族と食卓を囲んだり、休日には泊りがけの旅行に行ったりする機会も増えました。

 

不動産投資による不労所得のメリットを実感している西川さん。しばらく様子を見て、数年後には区分ワンルームを売却してもう1件、1棟マンションの購入を検討しているそうです。

株式会社トライブホールディングス 代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

著者紹介

資産コンサルタント
宅地建物取引士
AFP(日本FP協会認定)
株式会社トライブホールディングス

金融業界、国際的情報機関を経て、2006年不動産業界へ。中古住宅再生事業、新築マンション事業、リノベーション事業等を経験したのち、トライブホールディングス入社。クライアントの大半が医師であることから、「医師の方々が本業に専念できるための資産サポーターでありたい」をモットーに、医師ならではの悩み、不安、苦悩の解消に奔走している。現在、執行役員として社内マネジメントの傍ら、全国にてセミナー講師など幅広く従事。

著者紹介

連載幸せになれる女性医師の不動産投資

※本連載は、大山一也氏、植田幸氏による共著『幸せになれる女性医師の不動産投資』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

幸せになれる女性医師の不動産投資

幸せになれる女性医師の不動産投資

大山 一也
植田 幸

幻冬舎メディアコンサルティング

忙しい女性医師が、仕事とプライベートを両立して幸せになるには? 「忙し過ぎて精神的に余裕がない」 「仕事量の割に給与が見合わない」 「いつまでこんな働き方ができるのだろう…」 日々忙しく働いている女性医師の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ