【医師の資産運用】「月給では足りない」46歳・女性医師…遺産「数千万円」の思い切った使い道 (※写真はイメージです/PIXTA)

一般的な会社員や公務員より「高年収」と言われる医師ですが、開業医やフリーランス、市中病院に務める場合に比べて、大学病院の医師は年収が低くなる傾向にあります。多くの医師は関連病院でのアルバイト等によって収入をカバーしますが、専門領域を究めるために大学病院を選んだという小林さん(仮名)は「副収入は必要だが、研究に割く時間も増やしたい」というジレンマを抱えていました。

【関連記事】不動産投資「やめとけ」の真相…リスクを知らずに失敗する人、不動産投資を始めて成功する人の決定的な差

専門領域を究めるために医局に残ることを選択

***********************

【小林さん(仮名)のプロフィール】

年齢:46歳

所属:大学病院

専門(標榜科):眼科

***********************

 

医師のキャリアにおいて、ある程度の年齢になると、医局を離れる人が多いのはよく知られたこと。

 

その一方、医局でのキャリアを選ぶ医師もいます。なぜなら、市中病院やクリニックに比べて、大学病院は設備やスタッフが充実しており、珍しい症例も多く集まり、臨床や研究に打ち込む環境としては断然、優れているからです。

 

小林さん(仮名)もその一人。角膜疾患、角膜移植、白内障などを専門とする眼科医として、大学病院や医局の関連病院で臨床と研究を20年近く続けてきました。

 

「初期研修で複数の内科を回っていたとき、総合的な診療能力を身につけるには内科がいいかなと考えていました。でも、もともと眼科に興味があったし、後悔のないように選択科で眼科の研修を始めたところ、透明な角膜や眼底がとってもきれいで感動! そこから眼科の魅力に取り付かれたんです。」

 

小林さんにとっては、若手医師の教育や指導もとてもやりがいのある仕事。市中病院の勤務医や開業医、フリーランスと比べると収入は少ないですし、会議など医療とは直接関係ない業務もありますが、それより大学病院という環境のほうがはるかに重要なのです。

学会進出する女性医師が少ないのはもったいない

小林さんによると、眼科はほかの診療科に比べ、長時間の手術や主治医として病棟管理が必要なケースがほとんどない分、時間的、体力的な制約が少なく、研究に割く時間が取りやすいことも魅力。

 

「若い頃は研究にさほど興味があったわけではありませんが、専門医を取得するとき、臨床例などをまとめて発表するうち、自分に向いていると自覚するようになったんです。その後、海外留学する機会を得て国際的なネットワークが広がり、今では海外のドクターと共同研究することもあります。また、国際学会で定期的に発表するのも楽しみに。」

 

日本の医学界ではまだまだ女性の教授や准教授は少ないですが、生涯にわたって自分のやりたい研究を続けられるポジションとして、もっとアカデミズムの世界に女性医師が進出しても不思議ではありません。

 

医師はもともと男女の別がない職業であり、今は多くの優秀な女子学生が医学部に進んでいます。

 

「客観的に見て明らかに能力の高い女性医師が大学でのポジションを取れずに、関連病院での勤務や開業などに流れるのはもったいない。特に眼科は女性医師の割合が高い診療科の一つだし、私自身が新しいロールモデルになれれば、とも考えてます。」

株式会社トライブホールディングス 代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

↓大山一也氏と直接話せる!カウンセリング開催中↓



★最新セミナーはコチラ★
1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー【*医師限定/参加特典付】 セミナー詳細を見る>>


株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/


【最新書籍】無料プレゼント:https://trivehd.co.jp/lp/r/book07/

著者紹介

資産コンサルタント
宅地建物取引士
AFP(日本FP協会認定)
株式会社トライブホールディングス

金融業界、国際的情報機関を経て、2006年不動産業界へ。中古住宅再生事業、新築マンション事業、リノベーション事業等を経験したのち、トライブホールディングス入社。クライアントの大半が医師であることから、「医師の方々が本業に専念できるための資産サポーターでありたい」をモットーに、医師ならではの悩み、不安、苦悩の解消に奔走している。現在、執行役員として社内マネジメントの傍ら、全国にてセミナー講師など幅広く従事。

著者紹介

連載幸せになれる女性医師の不動産投資

※本連載は、大山一也氏、植田幸氏による共著『幸せになれる女性医師の不動産投資』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

幸せになれる女性医師の不動産投資

幸せになれる女性医師の不動産投資

大山 一也
植田 幸

幻冬舎メディアコンサルティング

忙しい女性医師が、仕事とプライベートを両立して幸せになるには? 「忙し過ぎて精神的に余裕がない」 「仕事量の割に給与が見合わない」 「いつまでこんな働き方ができるのだろう…」 日々忙しく働いている女性医師の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧