(※写真はイメージです/PIXTA)

東京になぜ「営団」と「都営」という2つの鉄道事業者が存在することになったのでしょうか。民営化と株式上場は、鉄道を単なる移動手段に限定されない、「元気な事業」に生まれ変わらせることができます。渡瀬裕哉氏が著書『無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和』(ワニブックス)で「地下鉄の謎」を明らかにします。

【関連記事】なぜ日本の牛乳は美味しいのか?「別次元の美味しさ」の可能性

上野動物園内のモノレールも公営?

■地下鉄はチャンスだらけ! 東京の地下鉄事情

 

外国との貿易だけでなく、国内でも自由化によって色々なビジネスの可能性を広げることになるものはたくさんあります。そのひとつが鉄道です。

 

日本と鉄道の出会いは幕末のことです。当初は、各藩で蒸気機関の研究が行われ、明治時代を通じて全国に鉄道網の敷設が進められます。大正時代になると地下鉄の建設が計画され、東京に最初の上野−浅草間の路線が開通したのは、昭和2年(1927)のことです。大正から昭和初期にかけての時代は産業や家庭の電化が進み、まだ蒸気機関車が一般的だった時代ながら、地下鉄は当初から電気で走る専用車両が開発されました。

 

それ以来、都市圏には網の目のように地下鉄網が張り巡らされ、各地の都市とともに発展していきます。現在では東京や大阪のような大都市圏の鉄道網は路線が複雑に接続し、各路線をつなぐ地下駅は迷路さながらの状態になっています。東京都内や近郊に住んでいて日常的に地下鉄を使う人でも、自分が利用する路線以外は何がどうなっているのかさっぱり分からないという人が多いのではないでしょうか。

 

東京の都心部は、2つの鉄道会社が運営する地下鉄が日々運行されています。都営地下鉄が4路線、営業距離は109キロメートル、106駅あります。もうひとつの東京メトロは9路線、営業距離は195キロメートルで180駅となっています。

 

元々、東京の地下鉄を最初に作ったのは、東京地下鉄道株式会社という民間企業です。戦前にでき上がった路線は、現在の地下鉄銀座線の原型です。昭和9年(1934)、浅草から銀座を通って新橋につながる8キロメートルの路線が完成しました。他の鉄道会社も参入し、新路線が作られていきます。

 

第二次世界大戦が始まると、昭和16年(1941)に帝都高速度交通営団が設立されます。政府と東京市、私鉄各社の出資による特殊法人で、東京地下鉄道株式会社と、東京高速鉄道株式会社の事業を引き継ぎ、国家統制の色彩を強めていきました。

 

戦時中、営団は地下鉄だけではなく地上の交通網も統制していたため、戦後のGHQ占領統治下で多くの国策会社が解体された際、解体の対象とされそうになりました。これを「地下鉄を整備するための組織です」という理屈で乗り切り、中央政府は営団を存続させます。この帝都高速度交通営団(営団地下鉄)が現在の東京メトロの前身です。

 

都営地下鉄の方は、東京都の公営企業です。運営しているのは東京都交通局で、都営地下鉄のほかにも、都営バスや都電、新交通システムを運営しています。こちらは元々、明治時代の終わり頃に東京市の電気局としてできた組織で、路面電車の運行や電気供給を行うところでした。面白いところでは、上野動物園内のモノレールも東京都交通局が運営しています。

 

次ページ地下鉄一元化は利用者に直接的なメリットが

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は渡瀬裕哉氏の著書『無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和』(ワニブックス)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和

    無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和

    渡瀬 裕哉

    ワニブックス

    現在の日本の政治や経済のムードを変えていくにはどうしたらよいのでしょうか。 タックスペイヤー(納税者)やリスクを取って挑戦する人を大事にする政治を作っていくことが求められているといいいます。 本書には「世の中に…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ