なぜ日本の牛乳は美味しいのか?「別次元の美味しさ」の可能性 (※写真はイメージです/PIXTA)

日本の牛乳は美味しい。とにかく美味しい。なぜそんなに美味しいのか? 時は明治9年、「少年よ、大志を抱け」で有名なクラーク博士が北海道は札幌農学校に招かれた頃に遡る。※本連載は渡瀬裕哉氏の著書『無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和』(ワニブックス)から一部を抜粋し、再編集したものです。

【関連記事】世界中のラーメン店から「お玉」の注文が入る日本の凄いお店

戦前の酪農事業は生産量や品質を向上させた

■保護産業の酪農? いえいえ強い酪農は世界でも戦える!

 

ここでは世間で「何となく弱っていて保護しなければいけない」と思われている産業を取り上げてみましょう。

 

突然ですが、皆さんは日本の牛乳がものすごく美味しいのをご存じでしょうか。牛乳が好きだからとか、喉が渇いているからという話ではなく、海外に行ったことのある人はまずうなずいてくれる話です。とにかく、日本の牛乳は美味しい。

 

牛乳が一般庶民に普及したのは、明治時代になってからのことです。古代に渡来人から献上された乳製品が貴族に珍重されたり、江戸時代に徳川吉宗が牛を飼って搾乳してみたりはされていましたが、明治時代にオランダ人からノウハウを学んで生産体制が整備されるとともに、日清戦争・日露戦争の際に傷病兵の栄養剤として一般に普及しました。

 

明治時代初期は、新しい国づくりをするため、色々な先進技術を海外から取り入れようと外国人の先生を雇います。昔の日本人は、自分たちの国が欧米列強に対して少し遅れた状態にあるなら、どんどん学んで新しい知識を得ようとしました。新しいものに対する好奇心や、国を発展させようという使命感、強い列強に対して国の独立を保とうという思いの中で、海外の良いものを取り入れ、自分たちも強い国にしようと考えたのです。

 

明治9年(1876)、北海道に札幌農学校が設立されます。日本で最初の官立農学校です。アメリカの農科大学からウィリアム・スミス・クラーク博士を招き、当時最先端の酪農技術を導入しました。

 

札幌農学校の初代教頭となったクラーク博士は、植物学や自然科学を英語で教え、キリスト教の普及活動も行います。実習や実験に重きを置いた教育により、まだ始まったばかりだった北海道の開拓を指導できる人材を育てます。クラーク博士が日本にいた期間は8か月と短い期間でしたが、農業や酪農などの基礎を北海道に築きました。「北海道開拓の父」とも言われます。

 

明治初期の北海道には、戊辰戦争に敗れた旧幕府軍側の武士も多く渡って来ていました。江戸時代の認識であれば、武士は公務員です。農業は民間の仕事にあたりますから、最初は不満も持たれたようです。そうした人たちも次第に北海道に根付いていき、新しい日本の農業を作り上げる中で酪農の魅力も感じられていくようになったのです。

 

クラーク博士が日本を去る際、教え子たちに残した「少年よ、大志を抱け」という言葉には、お金や名声を望んで頑張るというよりも、人間の本来持つべき志、「大志のために頑張ろうね」という意味合いがあったと言われます。

 

当時、これから欧米列強に追いついていこうとする新しい国・日本の人々に、事業やお金は大切だけれども大事なことはそれだけではないという言葉を残した人です。その後のクラーク博士の生涯を見ると、最期は非常に苦労して亡くなったと言われていますが、世界一周の船の上で大学を作ろうとしたり、カリフォルニアのゴールドラッシュに挑んだりと、好奇心や事業的な野心も旺盛でした。

 

こうしたクラーク博士の精神を引き継ぐかのように、酪農事業は生産量や品質を向上させていき、戦前日本の大きな産業となります。昭和初期は農家が酪農を兼業することが奨励され、東南アジアへの輸出も増えました。戦後は零細化した酪農家の集約化や生産技術の向上で一度に多頭の乳牛を導入した生産量の大きな酪農家も増え、国民の栄養と健康の向上に貢献しています。

 

国際政治アナリスト
早稲田大学招聘研究員

1981年東京都生まれ。早稲田大学公共政策研究所招聘研究員、事業創造大学院大学国際公共政策研究所上席研究員。選挙コンサルタントとして知事・市長のマニフェスト作成など公共政策の立案に携わる。その後、創業メンバーとして立ち上げたIT企業が一部上場企業にM&Aされてグループ会社取締役として従事。
現在、一般社団法人「救国シンクタンク」を立ち上げ政策提言活動を展開。また、減税・規制廃止を求める国民運動一般社団法人「一国民の会」代表を務める。
著書に『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか―アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図』(すばる舎)『税金下げろ、規制をなくせ日本経済復活の処方箋』(光文社新書)など多数。雑誌『プレジデント』(プレジデント社)にて連載中

著者紹介

連載「無駄な規制をやめる、税金を下げる」と日本は元気になる!

無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和

無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和

渡瀬 裕哉

ワニブックス

現在の日本の政治や経済のムードを変えていくにはどうしたらよいのでしょうか。 タックスペイヤー(納税者)やリスクを取って挑戦する人を大事にする政治を作っていくことが求められているといいいます。 本書には「世の中に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧