ナイキに学ぶ次なるブランド戦略…「脱アマゾン」は成功するか (※写真はイメージです/PIXTA)

ナイキに代表される「ストーリーテラー」型のブランドにとって一番大事なのは、人々に語りかけるストーリーを常に刷新し、書き直し、作り変えることにより、顧客とのつながりを維持することにある。顧客に買ってもらうのは、ストーリーなのである。

【関連記事】なぜパンデミックは米小売最大手ウォルマートを覚醒させたのか

自分を奮い立たせてくれるブランドはどれ?

■パンデミック後も消費者が抱いている10の問いかけとは

 

パンデミック後も、時代を超えて消費者が抱いている問いかけが少なくとも10種類ある。消費者は、この問いかけに対する答えを求めている。しかも、頂点に君臨する怪物企業やミニマーケットプレイスでは答えにならない問いかけがあるのだ。

 

あなたのブランドが、こうした問いかけに対して明快な答えとなれば、特定のカテゴリーでしっかり差別化ができるだけでなく、それなりに抜け目のなさもあれば、規模に似つかわしくないほど大きな売り上げと利幅を確保する収益力も発揮するはずだ。

 

こうした問いかけについて、あれこれ理屈を並べ立てるよりも、具体的に私が考える10種類のリテールタイプを提示しよう[図10]。消費者が抱く問いかけへの答えとなる小売業者像・ブランド像を一種の人格に見立てて表現したものである。「小売業者」と「ブランド」は入れ替えて読んでいただいて差し支えない。

 

各リテールタイプは、市場でのポジションをわかりやすく表現しているだけでなく、消費者が抱きそうな問いかけに直接答えるものだ。各リテールタイプをめざすに当たって、運用面でどこに重点を置けばいいのか、めざすべき方向性の指針も併せて提示する。

 

リテールタイプに目を通しながら、あなたのブランドに最も近いのはどれか、チェックしていただきたい。複数あるならそれでも構わない。

 

【図】10のリテールタイプ

①「ストーリーテラー」型

 

■消費者の問いかけ「自分を奮い立たせてくれるブランドはどれ?」

 

映像はこんなシーンから始まる。大空を背景に荒地の真ん中に水平線まで続く一本道。聞こえてくるのは夏の虫の声、そして、リズミカルに走るかすかな足音。遠くの景色は路上から立ち上がる陽炎で、ゆらゆらと揺れている。すると、水平線の向こうからゆっくりと、しかし、しっかりとした足取りでこちらに向かって走ってくる人の姿が見えてくる。そこにナレーションが入る。

 

「偉大であること。それは、私たちが築き上げたもの。いつしか、その偉大さは天賦の才能ではないかと思われている。選ばれし者だけに与えられるもの。天才に、スーパースターに。それ以外の者はただ傍観するのみ。でも、もうそんな考えは捨て去ろう」

 

ここでようやく映像の全体像がはっきりしてくる。走ってきたのは、少年だ。どう見ても太り過ぎの体型だが、頑なに目標に向かって進み続ける。そう、彼の目標は前に進むことだ。再びナレーションが入る。

 

「偉大さは、不世出のDNAだけに許されたものではない。貴重なものでもない。偉大さとは、呼吸のようにごく自然なことだ。誰にでもできることなのだ。例外なく」

 

そして映像の最後にシンプルに「Nike(ナイキ)」と「Find Your Greatness(「誰でも偉大な瞬間がある」の意味)というメッセージが流れる(訳註:日本版CMでは、「Greatness(偉大さ)」を「トクベツな存在」としている)。

 

最後のメッセージからもわかるように、ナイキの「Find Your Greatness」キャンペーンの第1弾のスポットCMである。少年の名前はネイサン・ソレル。オハイオ州ロンドン出身で、ロンドン五輪開催中の2012年7月27日生まれだ。

 

あなたに少しでも人間らしさが残っていれば、このCMを見て熱くこみ上げてくるものがあるはずだ。この少年のつらさに思いを馳せ、目標に挑む彼にどれほどの強さと決意が必要だったか、感じ取ることができる。勇気を奮い起こして挑戦しなければならない瞬間は、誰もが経験している。生半可ではない決断力と不屈の精神で勝利を収めた瞬間である。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

小売コンサルタント

世界的に知られる小売コンサルタント。リテール・プロフェット社の創業社長。人口動態、テクノロジー、経済、消費者動向、メディアなどにおけるメガトレンドを踏まえた未来予測は、ウォルマート、グーグル、セールスフォース、ジョンソン&ジョンソン、ホームデポ、ディズニー、BMW、インテルなどのグローバルブランドに影響を与えている。著書に『小売再生 リアル店舗はメディアになる』(プレジデント社)など。

著者紹介

連載アフターコロナの小売業界の大激変と新潮流

※本連載は、ダグ・スティーブンス氏の著書『小売の未来 新しい時代を生き残る10の「リテールタイプと消費者の問いかけ」』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

小売の未来 新しい時代を生き残る10の「リテールタイプと消費者の問いかけ」

小売の未来 新しい時代を生き残る10の「リテールタイプと消費者の問いかけ」

ダグ・スティーブンス

プレジデント社

アフターコロナに生き残る店舗経営とは? 「アフターコロナ時代はますますアマゾンやアリババなどのメガ小売の独壇場となっていくだろう」 「その中で小売業者が生き残る方法は、消費者からの『10の問いかけ』に基づく『10の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ