税務調査で思わぬペナルティ発生…「名義株」疑われないための対策を税理士が解説 (写真はイメージです/PIXTA)

「相続税対策」「税務調査」のトピックとして名義預金はよく名前が挙がりますが、「名義株」にも注意する必要があります。税務調査での思わぬ追徴金・加算税を避けるためにどうすればよいのか、税理士法人・都心綜合会計事務所の税理士・天野清一氏が解説していきます。

【関連記事】調査官の思うツボ…税務調査「トイレを貸してください」の真意

「名義株」対策をしないまま相続が発生すると…

名義株とは、株主が実質的な株主と異なる株のことです。よく相続では名義預金が問題になりますが、問題となるポイントは同じです。

 

名義預金というのは、口座の名義人と実際に引き出して使う人が違う預金のことをいいます。相続で問題となるのは、親などが子ども名義の口座をこっそりと作って、そこにお金を入れている場合です。

 

口座のお金は、外見上は子ども名義の預金になりますが、実際に管理している人は親ですので、この場合、実質は親の財産として扱われます。よって、親が亡くなれば相続財産となり、子どもは相続税を支払わなければなりません。

 

名義株もこれと同じです。株主名簿や法人税申告書に添付する「同族会社等の判定に関する明細書」の上では子どもが株主であっても、実質的な株主は親である、というケースです。

 

この場合、名義株は親の相続財産となるため、親が亡くなれば子どもに相続税がかかります。

 

注意が必要なのは、名義株であることが税務調査で発覚すると、修正申告が必要になることです。このときは追加の税金に加えて、過少申告をしたことに対する加算税などのペナルティがあります。

 

そこで、お子さんなどへスムーズに会社の株を贈与するには、名義株を疑われないための対策をとることが不可欠となります。

 

ポイントはきちんと贈与が行われていることと、新しい株主が株主としての実態を備えている事実をきちんと記録することです。

 

具体的にはまず、贈与について贈与契約書を作成します。贈与税が発生すれば、もちろん贈与税の申告も行います。この贈与契約書は、作成時に公証人役場で「確定日付」を入れてもらうことがおすすめです。

税理士法人 都心綜合会計事務所 代表

昭和24年3月 足立区で生まれる

昭和46年3月 中央大学商学部卒業

昭和50年4月 税理士登録

昭和52年7月 天野清一税理士事務所開業

平成16年8月 新宿区神楽坂に事務所を移転し、都心綜合会計事務所として現在に至る。

平成17年7月~平成23年9月 TKC東京都心会 会長

平成23年9月~ TKC東京都心会 顧問



現在、全国相続協会相続支援センター新宿区神楽坂相談室の室長も務める。

全国相続協会相続支援センター https://www.souzoku-kyoukai.com/

著者紹介

連載税理士が解説!後悔しない「相続税対策」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!