相続税の税務調査でへそくりが…「妻の財産」とみなされるか【税理士が解説】 (写真はイメージです/PIXTA)

「へそくりと相続税」の関係について、税理士法人・都心綜合会計事務所の税理士・天野清一氏が解説していきます。

【関連記事】調査官の思うツボ…税務調査「トイレを貸してください」の真意

“夫の相続財産”とされるケースがほとんどではあるが…

「夫の収入をへそくりとして貯めている」という専業主婦の方は、少なくないのではないでしょうか。

 

子供の学費、夫婦の老後の資金など、目的は家族のためかもしれません。「夫に預けていたら浪費の危険があるから…」と、主婦の鑑といえる行動と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし相続では、へそくりが夫と妻のどちらの財産か、はっきり分けて考えなければなりません。

 

夫の収入から貯めたへそくりは、夫の財産とみなされる可能性が高いです。

 

判定のポイントになるのは、「そのへそくりの原資が何か」「そのお金を自由に使える権限は誰にあるのか」ということです。

 

「夫が稼いできたお金を、単に妻が管理していただけ」と判断されてしまうのが、夫の財産としてみなされる典型的なパターンです。

 

では、へそくりを妻の財産としてみてもらえる方法はあるのでしょうか?

税務調査ではへそくりもチェック…「2つの条件」が肝

答えは「ある」です。ただし次の2つの条件を満たしている必要があります。まずは、そのへそくりを「夫から妻への贈与とすること」。そしてそのお金を「妻が自由に使えるように管理していること」です。

 

まず、夫から妻への贈与とするには、夫婦間で贈与契約を交わす必要があります。夫婦であっても、贈与契約書という書類を作って証拠を残すことがポイントです。

 

贈与とする時点でへそくりではなくなっている気もしますが、相続対策をしっかり行うのであれば避けられません。

 

そして、貯めたお金を「妻が自由に使っている状況」を示す必要があります。

 

夫に頼まれたものを購入したり、生活費の一部として使ったりしているだけであれば、妻が自由に使っているとはいえません。夫が妻に頼んで、財産を管理してもらっているだけの扱いとなります。

 

相続税の税務調査では、夫婦間のお金の動きは、夫側・妻側の両方からチェックされます。もしへそくりが発覚し、夫の相続財産だとされてしまった時には、全額申告し直さなくてはなりません。

 

相続対策の観点からいえば、へそくりを貯めるのではなく贈与してもらったものとし、さらにそのお金を自分の財産として使用している状況を示すことが重要です。

 

あくまで相続対策の話ですから、へそくりとして貯め続けることを否定するつもりはありませんが、夫の相続財産になることは知っておくとよいでしょう。

 

 

■動画でわかる「へそくりが相続税の対象になる?」

 

 

 

天野 清一

税理士法人・都心綜合会計事務所

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

税理士法人 都心綜合会計事務所 代表

昭和24年3月 足立区で生まれる

昭和46年3月 中央大学商学部卒業

昭和50年4月 税理士登録

昭和52年7月 天野清一税理士事務所開業

平成16年8月 新宿区神楽坂に事務所を移転し、都心綜合会計事務所として現在に至る。

平成17年7月~平成23年9月 TKC東京都心会 会長

平成23年9月~ TKC東京都心会 顧問



現在、全国相続協会相続支援センター新宿区神楽坂相談室の室長も務める。

全国相続協会相続支援センター https://www.souzoku-kyoukai.com/

著者紹介

連載税理士が解説!後悔しない「相続税対策」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ